スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

I'll Be Around

2018.03.13.22:21


今日、帰りにHACに寄ったら、そばを通りかかる人ほぼ全員に何かしら声をかけられた。「ありがとうございます」とか「失礼します」とかだ。「ありがとうございます」は、あたしがちょっとだけその人に気を遣って退いた場合、「失礼します」の場合は、あたしが商品見てる時に側を通った人からだった。けっこうこれすごくない?なにこのジェントルメンだらけのHACは、と思った。なのにあたし、会釈だけでこの一声には何も答えなかったんだよね。次は何かリアクションしよう。



さてこんな風に人と人は言葉でコミュニケーションを図るけども、犬も人間の言葉けっこうわかってるよね。(たぶん猫も)



こないだ、通勤途中に犬と出会ったのです。



あたしの駐車場から会社までは約7分くらい歩くんですが、駐車場から通りに出て歩いてたら、中型犬よりもう一回り大きいくらいの犬が、「俺は車です!」くらいの堂々さ加減で、車道を歩いてたんですよ。あたしの進行方向から言うと、反対車線の方からね、犬が小気味よく車道のど真ん中を歩いてくるの。


いくら堂々としてたとしても危ないじゃないですか、その犬と目が合ったんで話しかけたんですよ。「そこ危ないからこっち来て、ひかれちゃうからこっち来て」って、手招き付きでね。そしたら、ちゃんとこっち来てくれたんですよ。特に尻尾振るとかもなく、クールにこっちへ来たんです。とりあえずひとしきり撫でて、首輪付けてたので首輪も見せてもらったんですが、連絡先も書いてなくて彼の実家に電話することもできず、どうしようかなと思いながら、とりあえず車道歩行は回避させたので、そのまま会社行こうと思って歩き出したのです。



すると彼はなぜかたたっとあたしの進行方向(彼がやって来た方)へ数メートル走っていき、そのまま歩き出しました。「ああ、おうちに帰る気になったのかな」と思っていたんですが、立ち止まって振り返り、こっちを見ているのです。あたしが近くに来るまでそのまま振り返って待っていて、ほぼ同じ場所まで来るとまた歩き出し、距離が離れるとまた待っているのです。はたから見ると、あたしが犬をフリーダムなまま散歩してる飼い主にしか見えない状態になっているのです。事実、知らないお兄さんに「お前の犬なんだよね?」みたいな顔でガン見されてしまいました。きっとお兄さんは、「危険な方法で散歩させやがって…」と思っていたような気がします。



結局彼はあたしの会社のところまで一緒に歩いてくれ、さらにあたしが会社に入っていくタイミングで彼が歩き出すタイミングになってしまい、その日一日、彼が会社の先の方でずっと振り返ったまま待っているんじゃないかと不安になりました。



彼は何を思ってあたしを会社まで送ってくれたんでしょう。送ってもらいたかったわけじゃないけど、あたしが話しかけた言葉を「怖いから一緒に来てほしいんだけど」的に解釈してくれたんでしょうか。とにかく、とても心の優しい犬でした。彼は四足歩行だからあたしより速く進んでしまうのですが、一番感心したのは、途中にある横断歩道を青で渡り切った後、信号に引っかかっているあたしを横断歩道の向こう側で振り返って待っててくれたことですね。なんというジェントルマンでしょう。犬ですよ?犬が横断歩道の向こうで「あいつ来ないな、大丈夫かな」みたいな感じで待っててくれるんですよ。しかも見も知らない人間相手に。優しい、優しいよ犬。元気かな、あの犬。ジェントル犬。



そのままちゃんとおうちに帰って、元気にごはん食べたりしてくれてるといいなと思います。




The Spinners - I'll Be Around



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。