スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's A Mystery

2018.01.22.22:36


何かちょっとしたことがわからないと、ごりごりと調べ始める人っているけど、あれはあたし的にはもったいないと思うんだよね。MOTTAINAI。



例えば、あたし的に謎なのが「コックニー訛り」ってやつ。これ、小さい時に読んだシャーロックホームズの本にすごい出てくる。そして、そのコックニー訛りの翻訳は「だんな、わしはそんなことしてねぇずら」的な、そんなような言い方で書かれている。これ。ほんとにそんなんなのか?っていう謎。これを正しく検証するにはあたしが生粋のイギリス人になるしかないわけで、一生自然に解けることがない謎。謎っていうか、体感できないことというのかな。



あたしはけっこう、こういう、解けなくても人生に何の影響もない謎を反芻するのが好きなんですよ。だからあえて調べずに延々と仮説を立てる。仮説遊びに興じる楽しさ。さらに、その仮説遊びをしてる最中、自分的にはものすごい発見に繋がったり、その謎とは関係ないことで得た知識から新たな仮説が出来上がったり、逆にものすごくシンプルなものに行きついて、「やっぱ物事って難しく考えない方がいい時もあるよ」等と感慨深くなったりする。そういう遊び。



なんでもすぐ調べてドヤってしまうと、そういう日々の小さな楽しみが失われちゃうから、あたし的にはもったいない。安易に謎を解くのはもったいない。とはいえ、解きたい謎とか知りたいことはあります。ミステリー or サスペンスものの犯人とかね。スプラッタ系を含めてあたしそういう系のドラマや映画はよく見ます。



屋外で頭にくっついてきた雪が屋内に入ったら解けて、自分の顔に水滴となって垂れてきただけでビビるような人間であるにも関わらず、怖いやつ見る。その理由は、なんだかんだ言って一番怖いのは人間だよね、そういう事例に学んでおこうと思うからです。まぁ、役に立ってるかは置いといて、「うわぁ、こんなことする人いんの、気を付けようー」と思い、自分の脳内のヤバいものリストに追加している感じです。FBI心理捜査官系の本読むとかね。ああ、こええ、どうやったらこういう人に出会わないで済むんだろうって思ったりね。昨今、女子がマフラー結んだ先っぽのところを首の後ろに回してる状態をよく見ることがありますが、あれ見ると不安になるわ、いつ何時、変な人がその先っぽ両手で絞め上げてくるかわかんないじゃんよ、こわいよと。考えすぎかもしれないけど無きにしも非ずだと思うんだよね。



小さい頃に見たせいもあるけど、怖いのは「It」と「シャイニング」と「ビデオドローム」かなあ。ビデオドロームは一切話が分からなかったけど、腹からビデオテープとか出てきた気がする。しかも字幕なしのオール現地語で見たため倍付でわからなかった。腹からビデオ出す主人公っぽいおじさんが、女の人の耳たぶに針貫通させてて、長女に「あのおじさんはひどい」と意見したら、「あんなのピアスの穴に針刺してるだけだから何一つひどいことはない」と教えられた。あたしがあの映画について覚えてるのは、腹からビデオと耳に針でひどいということだけなんだけど、あの映画のなんとも言えない不気味な雰囲気が記憶に残っていて、思い出すと気分がどよーんとする。「It」はマジで怖かった。あの映画は確実にピエロ恐怖症の増加に一役買ったよね。ItのItで唯一うらやましいのは、あのItのピエロの歯が鮫システムを採用してるっぽいことぐらいだ。それ以外の要素は全て怖い。あれ見たせいなのか、マックのドナルドも怖くなったもんね。最近、おしゃれマック化が著しいので、ドナルドが意味不明にベンチに腰掛けてる像があるような店舗無くなりましたね。



大幅に話がずれていきましたが、どうでもいい謎はなくなると勿体ないけど、わからないとすっきりしないものってあるな、ということをNetflixで「オープンハウスへようこそ」を見て思ったのでした。



It's A Mystery - Average White Band




スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。