スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Samba de Uma Nota Só

2017.08.31.23:23


あたし、夏になるとどうにも髪の毛に対して何か思うようになってしまうようです。


髪の毛どうやったら傷まないようにできるかーとか、頭皮をムシムシさせたくないーとかいろいろあるんだけど、そういうことを気にしてるのにあたしは美容院に行かない。髪の毛は自切り、セルフカットです。あたしが男の人だったらセルフカットは無理なような気がする。



もうかれこれ10年くらいセルフカットで済ませてるんだけど、意外にこれ、セルフカットだって気付かれない。というか、そんなに他人は人の髪の毛の切られ方なんてガン見してこないので、全然問題ないんですよね。そんなことに1回1万近くとかかけてたのか、マジもったいないと思いました。



美容院って、なんか予約してから行く感じになってるでしょ、さらに帰り際に「次回の予約は…」って言われて予約してしまい、さりげなくエンドレスで通うことになるの。でもさ、次回の予約のタイミングで髪が切りたいかどうかなんて正直わかんないしさ。で、予約取り消して通わなくなった後に突然「あ、髪の毛切りたい」って日が訪れて、美容院行くと「予約されてないので、予約取ってもらえますか?」って言われるか、長時間待って切ってもらうかになるんだよね。なんていうかこの色んな無駄がもう嫌で嫌で。



ある日、髪の毛なんて別に自分で切っちゃえばいいんじゃない?と思って、ドラッグストアで髪用のはさみ買ってきて切っちゃうことにしました。セルフカットすごいいいですよ。お金も時間もかからないし、好きな時にいつでも切れるし。とりあえず、長め長めに切るようにしとけば失敗しない。一回だけ失敗したけど。去年の夏かな、すごいぼんやりしながら髪の毛切ろうと思って、髪の毛掴んで、そのまま20cm以上一気に切っちゃったっていう失敗。これを美容師の方にやられたら激怒だけど、自分でやってるからあきらめもつく。



美容師さんに激怒で思い出した。
まず、美容師さんって一番最初に必ず「分け目どこにしますか?」って聞いてくるんだよね。それに対してあたしは「適当に分かれるところでいいと思います」って答えるんだけど、ある時美容師さんに「適当って答える方は珍しいです」って言われて、そこから分け目の話になったんだね。


そんなにもみんな分け目にこだわるのか訊いてみたら、普通そうなんだって。分け目にただならぬこだわりがある人がほとんどなんだって。で、その美容師さんの前の職場で別の美容師さんが、キャバ嬢の分け目数ミリずらして切っちゃったことで訴えられたことがあるんだって。びっくりするよね。見た目を整えるのも仕事のうちの職業だとは思うけどさあ。そこまでするほどのことかー?って正直思っちゃうけど、分け目にはなんかあんだろうね、本人にしかわかんない何かが。



でもさ、そのキャバ嬢は今、絶対にその分け目のせいで泣いてると思うんだ…




Sivuca - Samba de Uma Nota Só




ジャケ写ちょっと違うけど、あたしこのCD持ってる。「Samba Nouvelle Vague」っていうタイトルの、Sivucaっていうブラジルのアコーディオン&ギタリストの人のコンピみたい。これは正直、ジャケ買いしたんだ。この能天気なジャケ写がなんか気に入っちゃって。そしたらとても有名なおじさんだったことを後からお父さんに教えてもらって知った。
非常にいい。いいけど、おしゃれ系ボサノバじゃなくて、もっと牧歌的な感じね、ボサノバ界の昭和歌謡的な感じかな、ぶっちゃけ一切おしゃれじゃない、寧ろお祭りソング、お祭りサンバ的な、ジャケ写通り能天気が全開。「Tico-Tico no Fubá」って曲があるんだけど、そうとうお祭り状態になってて楽しい。これに収録されてるバージョンのはyoutubeには無いみたい。せっかくの祭りなのに。



ジャケ写の真ん中のお兄さんの表情がいい味出してる。
sivuca.jpg



Sivuca e JPsax - A Chama do Amor




ビジュアルがサンタさんっぽい人がSivucaおじさん。いいね、こういうのも。ちょっと涼しい夏の夜にぴったりよ!




Sivuca & Rune Gustafsson - MANHÃ DE CARNAVAL




ギターを弾くSivucaおじさん。カッコ内のBaden Powellの意味がちょっとわかんない。カーニバルの朝って別にBaden Powellが作曲したわけじゃない…よね?カバーしてるだけでしょ?わからん!けどBaden Powellもいいね!とか思って、動画見まくってしまうというループに陥っちゃったりする予感…




Baden Powell - Tristeza




この、おさるの鳴き声っぽい音は何かの楽器なのだろうか…それともおさるの声真似係の人がいるんだろうか。とりあえず、青いTシャツの人におさる担当疑惑を持ってしまった。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。