スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Rain

2017.07.24.22:15


今日も暑かった。都内人多過ぎ。風呂上りかっていうレベルで汗かきました。うん、いいぞ、毛穴から老廃物が出まくってきれいになるぞ!と思えばこの多汗も捨てたもんじゃないです。


ああ、夏。もう尋常じゃなく暑い。人のことはどうにもできないので、せめて自分からは異臭発したくないと思うの。できればいい匂いに包まれたいよねえ、って時に柔軟剤の匂いよりはもっと別なもんがいい、ってことで好きな匂いを羅列していきます。



夏の不動の一位はやっぱしこれ以外考えられない。
夏に全世界の方から自動的にこの香りがすれば、無駄な争いが減ると思うの。


ディオール オム コロン オードゥ トワレ
DOCJPG.jpg



ディオール オム コロンの洗練された清々しい魅力は、まさに洗いたての白いシャツのような、飾らないエレガンス。見事にバランスの取れた理想的な香りのコンポジションは、あらゆる誇示を取り去り、自分らしい香りをあくまでも現代的に表現します。

ディオールオムは、型にはまった男性らしさとあえて距離をおきます。それは、直接的でありながら複雑な、新しい力強さを追求する香りです。
フランソワ・ドゥマシー




ディオールのサイトでは上記のように紹介されていますが、うん、正直意味わからない。それよりもこれの方がイメージ湧くよね。


ヘッドノート:カラブリアン ベルガモット
ハートノート:モロッコ産グレープフルーツ フラワー
ベースノート:ホワイト ムスク


ちょっとだけ苦み走った柑橘系なの。ただの柑橘系はよくあるでしょ?何がどうなんだかわからないけど、この柑橘系はほんとに上品なの。メンズだけど女子でもぜんぜんOK。



次も柑橘系



TOCCA ビアンカ(画像右側のものです)
Bianca.jpg



このビアンカの商品紹介文はイメージしやすいよ。



南イタリアのシーサイドカフェでのティータイムは、ソーサーに添えられたカットレモンのフレッシュな香りで始まります。カップから漂うグリーンティーの香りが、ソーサーにまかれたバラの花びらとスプーンに置かれた砂糖の甘い香りと溶け合い、心を穏やかに落ち着かせます。





トップ:ベルガモット、ラベンダー、マンダリン、レモン
ミドル:ローズペダル、ジャスミン、グリーンティー
ボトム:ムスク、シュガー




これは柑橘系の中にちょっと甘さがあるんです。これは夏以外でも匂いこもらないしほんといいと思う。結局、あたしがベルガモットの香りが好きすぎるっていうこともあるんですけどねー。あとこのビアンカさんのいいところはですね、石鹸からボディースクラブからデリケート素材用洗剤からキャンドルやらディフューザーまで、ラインで販売されてるところなんですねー。というか、TOCCAがそういうことしてくれてるんですねー。TOCCAの他の香りでも、ラインで揃うものがあります。



あとこれも好きなの、今はもう廃番で手に入らないんだけど




ゲラン オム ロー オーデトワレ
GHL.jpg



ライム、ミント、ラムからなるカクテルのモヒートをインスピレーションソースにした、フレッシュでエレガントな大人の香りで人気のフレグランス「ゲラン オム」の香りの骨格を継承しつつ、みずみずしさを感じさせる刺激的なベルガモットやグレープフルーツを際立たせ、従来の香りよりシトラスのハーモニーを強調した「ゲラン オム ロー」。

ラストノートのシダーとベチパーが織りなすグリーンウッディのハーモニーは、男性的な側面を与えるこの香りを従来のものより控えめにすることで、女性も愛用できるユニセックスな香りが誕生した。

あらたにくわわったベルガモットとグレープフルーツが爽やかさをさらに強調して、身につけるひとの個性を引き出しながら、気分をリフレッシュ。“ジャングルの奥深く未開の地にある滝から湧き出る水しぶきのようなアイシーな爽快感”が、大人の男をフレッシュに包み込む。





ジャングルの奥深く未開の地にある滝から湧き出る水しぶきのようなアイシーな爽快感って、野性味あふれてるんだかクールなんだか意味不明ですが、結局またベルガモットか!っていう。これは先に紹介したディオールのよりも苦み走り4割り増しの柑橘系って感じ。寧ろ確かにモヒートの匂い+爽やかベルガモット。いやこれもねー、いい男の香りなんですよ。まーでも未だにこんないい匂いを放ってる男子になんてあったことないです。神奈川にはいないのかなあ。




他にも、ACCA KAPPAのグリーンマンダリンとか、dyptiqueのロンブルダン・ローとかも大好きです。ロンブルダン・ローはローズ系なんだけど、もっとお庭感があるというかグリーンノートがあるというか。男子でもいけるローズかもしれない。ああでも、dyptiqueって言ったら完全女子向けの、オーローズっていうやつがもう、この上なくいい香りですよ。名前の通りローズなんだけど、ローズってね、こう、むせかえるようなやつが多いでしょ?でさ、女子はローズ好きだからローズ系のものっていっぱいあると思うんだけどさ、このdyptiqueのローズは爽やかさで群を抜いてますですよ。ローズ系で他を圧倒する爽やかさ。ローズと言いつつベルガモット入り。やっぱりどうにもあたしはベルガモットが好きなようです。もうあたし、このGPPサボネリーズブリュッセルが無かったら生きていけない。TOCCAとdyptiqueはGPPで買えますー。






Reel People feat. Sharlene Hector - The Rain



昨日に引き続きおされなフラット音楽、Reel PeopleのThe Rain。
Second Guessっていうアルバムがもう既に名盤です。



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。