FC2ブログ

免許の更新の思い出

2017.04.19.22:56


未来の自分がふとした時に見て、「ああー、あったあった」と思い出すように書いておくこと。



こないだ免許の更新に行った。あたしは違反者だったので、二時間の講習を受ける必要があった。従ってここに行かざるを得なかった。


kkk.jpg



全ての神奈川県民が免許取るために来る場所であります。



二俣川の駅で二回道を訊かれる。いずれも免許センターへの行き方であった。更新の受け付けは13時から。あたしが免許センターに着いたのは12時半だったが、怒涛のような行列ができていて、Jamiroquaiを聴きながら並び続け、申請書に記入して印紙を買い、視力検査の後、写真撮影、違反者講習の講習室番号をゲットしたときには13時10分を回っていた。講習室は既にいっぱいで、あたしはラスト二名のうちの1名だった。この人たちどんだけ早く来たのかと思いながら、県警の人に指示された席に着いた。あたしの席の隣にはきれいめのお姉さんが居た。しかしこの人が問題だったのです。


県警のおじちゃんが華麗に説明を始める。あたし結構こういう講習好きで、おじちゃんを見て話をちゃんと聞きたいんだけど、隣のお姉ちゃんが何を思ったかあたしをガン見し続けるのですよ。おいおい、あんたが見るべきはおじちゃんよ?と思って一切お姉ちゃんを見ずに、おじちゃんへ熱視線を向けるあたしにお姉ちゃんの熱視線が。真横にいる人の顔が、完全にこっちに向いてるんだよ、おかしいでしょ。一瞬じゃないんだよ、ずっとだよ。これはもうライトなホラー現象ですよ、やられる側からしたら。こんな昼の時間のホラーなんて新倉イワオしか思い出しませんよ。



この人一体何?と思いながらお姉ちゃんをガン無視。しかし、二時間この人の視線に耐え続けるの結構苦痛よ…と思っていたところにおじちゃんナイス提案。


「今日は女性が多いので、1時間たったら休憩を入れましょう」


おじちゃんは、女性にありがちなやたらにトイレに行きたくなる癖を気にしてくれたんだけど、そんな休憩あたしにとっては喫煙タイム以外にあり得ない。お姉ちゃんの視線に耐え続けるぞ、吸うまでは!と自分を鼓舞し、お姉ちゃん前見ろ、見ろ前見ろ!とにかく前見ろと思い続けて1時間。なんとおじちゃんさらにナイスな事に、「休憩は15分」と言ってくれました。


速攻で講習室を後にし、免許センターで一発合格を懸けた試験を受けてる車を眺めつつ休憩。しばしお姉ちゃんを忘れる。


休憩が終わり講習室に戻ると、あなたの運転の特性チェック的なことを行うってことで、チェックシートが配布された。学校の試験みたいに、前の人からチェックシートが回ってくる。たまたまあたし側の人から紙が回ってきたため必然的にそれをあたしが受け取り、お姉ちゃんに一枚渡すことになった。お姉ちゃんは結構な声量で礼儀正しく「ありがとうございます」と言い、あたしはその声量に驚いたんだけどさらに姉ちゃんは…無駄にあたしの手を触った。


紙の端っこ触れば紙取れんじゃん、なぜあたしに触る。明らかに手を持ってく位置が異常じゃないか。触るな!見るな!おじちゃんを見てちゃんと話聞け!違反者なんだから!いるだけじゃだめだ、おじちゃんの話に集中しろ!ガン見+声デカいだけならまだしも、触られたことにより一気にビビって脳内でお姉ちゃんを責め立てる。



やだあ…もうやだこのお姉ちゃん…なんだっていうの、あたしの顔から羽でも生えてればガン見も許すよ、そんな面白フェイスだったらあたしも許すさ…って思っていたのに。微妙に湿ったお姉ちゃんの手の感触にびびる。お姉ちゃんが何をしたいのか全く意味が解らず、残りの時間もガン見され、講習終わったので速攻免許貰って帰ろうと思ったら、免許渡すのは名前呼ばれた人順ですので席に着いたまま待てとか言われ、お姉ちゃんに背を向けて呼ばれるのを待った。その間も姉ちゃんの視線を背中に感じ、また触ってくんじゃないか、もしかしたらもっと悪いことにいきなり刺されたりすんじゃないかと怯えまくる。



お姉ちゃんは、あたしが呼ばれる3人くらい前で呼ばれた。呼ばれた名前はよく聞き取れなかったけど、明らかに日本人の名前じゃなかった。



初めて免許を取った日、うれしくて献血したら献血中にそのまま意識を失うという失態を犯した想い出の免許センター。どこの免許センターもそうなのか知らないけど、神奈川県の免許センターは献血してくれアピールがすごい。免許取れたし血くらいあげちゃうよ!と思って初献血したら失神。献血してたはずなのに、気づいたら待合室で寝かされているという。目覚めた瞬間、あたしは即座に財布が盗まれてないか確認した。そしてこの日は、今までぎりぎりの血量で生きていたことを知った日でもあった。



そのような思い出のある免許センターで、謎の姉ちゃんにガン見され、触られてビビるという想い出が増えました。なんていうか、こういう謎の人って時々いるよね。もしかしたら姉ちゃんは、あたしを同じ国の人だと思ってガン見していたんだろうか。そして、触れば確信を持てるとか思って触ってきたんだろうか。うーん、ないな。



そしてその後、二俣川のLife内にあるHACでレジに並んでいる最中、見知らぬ主婦にずっとガン見されるあたし。なんだい!?一体なんだい!?やっぱ顔から羽生えてるのか?そしてその後、湘南台でピーカンナッツチョコを購入。



Celldweller - My Own Little World



スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる