FC2ブログ

Woof Woof

2018.03.27.21:35


・白米が苦手どころかむしろ嫌いで、お箸の国の人に非ずな感じだけど克服できない。
・こないだの土日、超久々にF1開幕戦見ようと思ってたのに風邪ひいて寝込んで見れなかった。今シーズンの新レギュレーションで装着必須となった「Halo」というパーツのせいで起きるドラマが見たい。
・F1におけるレギュレーションの変化は面白いですよね!Halo、これハロって読むのかヘイローなのかわからないけど、このパーツの主張ぶりすごいんですよね、今年はF1見ようかなって思う。


調べてみたらハロでした。ヘイローは別称だって。


かっこ悪いのに何故?”ヘイロー”が選ばれた理由と、コックピット保護デバイス議論の経緯



2頭の象に踏まれても壊れない”ハロ”の材質とは?どのようにして製造されているのか?



上記のようなことを考えながら、出張先から戻る最中、おもいっきり渋滞に巻き込まれた。あまりに巻き込まれるので、道中写真を撮りました。横羽線K1をみなとみらいから乗って、横浜新道に乗るまでの間です。結局渋滞の理由は新保土谷の降り口で渋滞してたからでした。



首都高沿いにあるアンパンマンミュージアム。リアルにアンパンマンから「お食べよ!」される施設かどうかは知る由もない。
20180327_01.jpg



あたしが向かう方向は6km渋滞の模様
20180327_02.jpg



もともと鬼のように広い駐車場とキャッツシアターがあった場所に何かを建築中。なんかの企業のビルかな。
20180327_03.jpg



神奈川が誇るシューマイ、崎陽軒
20180327_04.jpg



K2方面への分岐。一車線になるの分かってるのにどうしても途中から入ろうとする人っているよね、という状態
20180327_05.jpg



背後も渋滞
20180327_06.jpg



ベイクォーターという商業施設。ほんとは海もあるんだけど、海撮るには車の外に携帯出して、この人ウルトラマン的なものに変身でもするのかな?と思われるレベルで掲げないと無理っぽい。
20180327_07.jpg



前方も渋滞
20180327_08.jpg



三ツ沢の手前で中空に謎の球体発見
20180327_09.jpg



まさかのポータルじゃ?と思ってIngress起動するも、当たり前のようにポータルじゃない
20180327_10.jpg



そして赤丸内の青ポータル三つ壊したのにキャプチャできずに前進してしまう悲しみ
20180327_11.jpg



横浜新道への分岐。あたしが渋滞に巻き込まれ続けつつ左車線を維持したのはひとえに、この位置で左車線に合流するのが嫌だから。
20180327_12.jpg



ああー、今日も意味も解らず一日が過ぎ去ろうとしている。そしてチャンミンはこんなことを言っている。
20180327_99.jpg



あたしもそんな風に思いたいわ。チャンミン偉いわ、目の下にどえらいクマ作ってるのに。見習わなきゃ。
そしておうちに着いたら、チャンミンのどえらいクマが見れるかもしれないLiveのBlu-rayが届いていたよね!週末に見る!たぶん!



SHINee World V - Woof Woof




しゃいにさんによる、Back to the 90年代。こんな服だったっけかね、だったかもしれない。
ジョンヒョン氏が動いてるよおおお…おー!ジョンヒョン氏ーーー!



スポンサーサイト

Disco Queen

2018.03.20.23:02


昨日、自分で喪黒福造系ハウスって言葉を書いてから、ほんとにそうだっけ?と思って。あたしそんなに色んなハウス聴いてるわけじゃなくて、確実に聴くもの偏ってるけど、その偏った中でもあまりスキマのない、詰まりすぎてないってほんとだっけ?と考えてみた。ちょっとおうちに帰ってきて、自分の手持ちを聴いてみたけど、やっぱね、詰まってないと思う。あたしが節操なしにミックスCD買ったりしてたのって、せいぜい10年くらい前までだから、あたしの記憶の中のハウスも今は相当姿かたちが変わってる可能性高いんだけど、「流行りもの=いいもの」って定義も間違っちゃいないと思うけど、ここらへんの文化ってある一定のところで形がFixすると思うんだよね。変わらなくても一定のファン層がある、需要があるっていうのかな。しつこくそこでとどまる人たちをオタクと言っちゃえばそこまでだけど、愛が深いんだよねそういう人たちは、って思うよ。そんで、あたしはそういうのいいと思う。



話を喪黒福造系ハウスに戻すとね、あれはやっぱ盛り込み要素が多いと思うの。あれがハウスなのかどうかほんとは知らないんだけどね、それ系じゃん、聴いた感じ。で、あれが喪黒福造のようにスキマを埋めてるよっていうのを、あたしの手持ちハウスを並べて比較してみようと思うよ。



Shawn Christopher - You Can Make It [Ron Carroll Original Mix]




ほらー、スキマあるでしょ?これもいい曲だわー。2005年の曲だってー、13年前だよー。



Jestofunk - Disco Queen (Moz-Art Mix)




大好きなDimitri From ParisさんのIn The HouseってミックスCDに入ってる曲。スキマないようであるでしょ、ちゃんと。意味不明な「きゅぃーん」とかって一発ギャグっぽい音ってそんなに入らないんだよね。これはDimitriさんがMixしてるやつ。既にMixされてるものをさらにMixしていく行為。この、繰り返しMixしてくってのも、なんかすごいよねえ。元のMix聴くとやっぱ違うんだよー。そういう意味で言うと、くせの強いDJさんは覚えやすいよねえ。



あとあれだね、ハンドクラップ入りもの系で比較ね。


Tuxedo - 2nd Time Around




スキマあるよね。いいよね、Tuxedo。ほんと好き。これはなんだろう、ハウスっていうよか元ネタになりそうな曲だよね。



もっと掘ろうかと思ったけど、とりあえず比較対象が多くても大変だからここまでにしとこう。昨日のSuper Juniorの曲を聴いて、あたしが喪黒福造だと思った感じがちょっとでも伝わればこれ幸い。



Let's Dance

2018.03.19.22:03


きたああああ!とうとう来たんだよーーー!


ComeBack8.jpg






新譜きたーーーーー٩(ˊᗜˋ*)و



あたしはね、日本での活動再開曲「Reboot」よりもね、現地での新譜を待っていたんだよ!なぜかと言ったら、海外からいい感じの作曲家呼んできてアルバム作るから、なんか知らないけど現地の曲の方がクオリティ高いんだよね!(あくまでも個人の感想です)たった23秒でもさ、いい感じじゃんよもうー。アダルティックYes!!な感じじゃんよー!もうね、あたし間違いなくこれのRepackage版も買っちゃうと思うよ。で、さらに!




BG.jpg




動くチャンミンきたああああ!(*'∀'人)♥*+



名古屋嬢がライブ行ったんだってさ、チャンミンほぼ視界に入れなかったってさ。どうよそれ。でもね、チャンミンは汗っかきなんだけど、その汗でメイク落ち気味になっっちゃった時、チャンミン目の下の隈すごかったんだって。そりゃそうよ、除隊してさ、翌日から馬車馬のように働かされてんのよ。そりゃもう漆黒に限りなく近いクマができたって仕方ないわ、本当にありがとうございます、と思うわ。そのね、感謝の気持ちをあたしはこれらのメディアの購入によって表現するよ、うん。ライブ行く気はしないからね、6月に横浜でライブやるらしいけど、あ、チャンミンが神奈川県にいるね、ありがとうございます、的な気分でいることにするよ、その間は。




でですよ、Amazonにまんまと心の内を見透かされてさらにこれも予約したの。



SHINee.jpg




ジョンヒョン氏ーーーーー!。゚(゚´Д`゚)゚。




奇しくもジョンヒョン氏の命日から4か月後に発売されるのねこれ。これね、5thの日本ツアーっていうのかな、それの舞台裏映像がついてるらしいのね。その舞台裏でね、ジョンヒョン氏は元気だったのか見てみたいの。少しでも笑ってたのか見たいのね。でさ、これメインはCDなわけで、日本版だから彼らの日本語版の曲が収録されてるわけじゃん、あたしこの際もう買おうと思って。ジョンヒョン氏の日本語による歌をね、聴こうと思ったの。若干ね、しゃいにさんが言葉の壁を越えてあたしのところにやって来かかってるねっていうか、あたしが行きかかってるというかね、もう日本語やだとか言ってられないと思った。しゃいにさんはめっちゃカタコトなんで、カタコト萌えも可能かなって言う気もする。とにかく、ジョンヒョン氏の声が入ってるしゃいにさんの新譜欲しい。



というわけで、まだ実費請求されてませんけども、ものの30秒間くらいで全部予約したよ!楽しみ過ぎるーー!




Super Junior - Let's Dance



この曲好きー!サビ部分の音とメロディーが好きすぎる。完全にあたしの好き系音楽の一種。でもちょっといちゃもんつけると、微妙にださい電子音が入ってるんだよね、あれだよ、よくある途中からでででででって速くなるEDMにありがちな音、普通にハウスでもあるけども、そのところじゃなくてねえ、さび以外のとこでね、なんか微妙な電子音があるよ、時折あるよ。なんていうかあれだよね、頑張ってスキマ埋めようとしすぎて変な電子音入れちゃったって感じがする。こういうところで本職のハウスおじさんとの差が出るな。本職のハウスおじさんはこんなに隙間を埋めない。本職はもっとスマートで、こういう喪黒福造系ハウスにはならない。それかあれかな、こういう音の入れ方だけは現地の人がやってるのかな。埋めすぎ。そこだけが残念だわ。けどとにかく好きなのこの曲。こういう曲をね、海外から買い付けちゃうんでしょこの人たち、この人たちじゃないや、会社か。ちょとずるいんじゃないのと思うけどいいや。でもスキマは埋めすぎと思うのよ。


I'll Be Around

2018.03.13.22:21


今日、帰りにHACに寄ったら、そばを通りかかる人ほぼ全員に何かしら声をかけられた。「ありがとうございます」とか「失礼します」とかだ。「ありがとうございます」は、あたしがちょっとだけその人に気を遣って退いた場合、「失礼します」の場合は、あたしが商品見てる時に側を通った人からだった。けっこうこれすごくない?なにこのジェントルメンだらけのHACは、と思った。なのにあたし、会釈だけでこの一声には何も答えなかったんだよね。次は何かリアクションしよう。



さてこんな風に人と人は言葉でコミュニケーションを図るけども、犬も人間の言葉けっこうわかってるよね。(たぶん猫も)



こないだ、通勤途中に犬と出会ったのです。



あたしの駐車場から会社までは約7分くらい歩くんですが、駐車場から通りに出て歩いてたら、中型犬よりもう一回り大きいくらいの犬が、「俺は車です!」くらいの堂々さ加減で、車道を歩いてたんですよ。あたしの進行方向から言うと、反対車線の方からね、犬が小気味よく車道のど真ん中を歩いてくるの。


いくら堂々としてたとしても危ないじゃないですか、その犬と目が合ったんで話しかけたんですよ。「そこ危ないからこっち来て、ひかれちゃうからこっち来て」って、手招き付きでね。そしたら、ちゃんとこっち来てくれたんですよ。特に尻尾振るとかもなく、クールにこっちへ来たんです。とりあえずひとしきり撫でて、首輪付けてたので首輪も見せてもらったんですが、連絡先も書いてなくて彼の実家に電話することもできず、どうしようかなと思いながら、とりあえず車道歩行は回避させたので、そのまま会社行こうと思って歩き出したのです。



すると彼はなぜかたたっとあたしの進行方向(彼がやって来た方)へ数メートル走っていき、そのまま歩き出しました。「ああ、おうちに帰る気になったのかな」と思っていたんですが、立ち止まって振り返り、こっちを見ているのです。あたしが近くに来るまでそのまま振り返って待っていて、ほぼ同じ場所まで来るとまた歩き出し、距離が離れるとまた待っているのです。はたから見ると、あたしが犬をフリーダムなまま散歩してる飼い主にしか見えない状態になっているのです。事実、知らないお兄さんに「お前の犬なんだよね?」みたいな顔でガン見されてしまいました。きっとお兄さんは、「危険な方法で散歩させやがって…」と思っていたような気がします。



結局彼はあたしの会社のところまで一緒に歩いてくれ、さらにあたしが会社に入っていくタイミングで彼が歩き出すタイミングになってしまい、その日一日、彼が会社の先の方でずっと振り返ったまま待っているんじゃないかと不安になりました。



彼は何を思ってあたしを会社まで送ってくれたんでしょう。送ってもらいたかったわけじゃないけど、あたしが話しかけた言葉を「怖いから一緒に来てほしいんだけど」的に解釈してくれたんでしょうか。とにかく、とても心の優しい犬でした。彼は四足歩行だからあたしより速く進んでしまうのですが、一番感心したのは、途中にある横断歩道を青で渡り切った後、信号に引っかかっているあたしを横断歩道の向こう側で振り返って待っててくれたことですね。なんというジェントルマンでしょう。犬ですよ?犬が横断歩道の向こうで「あいつ来ないな、大丈夫かな」みたいな感じで待っててくれるんですよ。しかも見も知らない人間相手に。優しい、優しいよ犬。元気かな、あの犬。ジェントル犬。



そのままちゃんとおうちに帰って、元気にごはん食べたりしてくれてるといいなと思います。




The Spinners - I'll Be Around



バスルームで髪を切る100の方法

2018.03.11.18:23


今日は、ご近所のおばあさんの髪の毛を切りに行ってきました。自分の髪の毛を自分で切っていたら、母から切ってくれと頼まれ、その出来上がりを見たご近所のおばあさん方からも切ってくれと頼まれることが多くなってきたためです。とはいえ、あたし自分の髪の毛以外は基本的に前下がりボブにしかしません、というかできないだけなんだけどね。あたしの印象だと、前下がりボブって誰にでも似合う気がする。角度と長さをどうするかで調節できるし、うん。最後に自前のホホバ氏をちょっとつけてあげて完了。帰りに野菜やお惣菜をいっぱい頂いて帰れるという、あたしの労務費以上のリターンを頂いてます。でもね、一番うれしいのは、おばさんたちが喜んでくれることなんだよね。「あたし可愛くなっちゃった!」なんて言ってにこにこしてくれたりしてね、みんなとっても可愛いんですよ。



あたし、あの美容院の予約制度が嫌で自分で髪の毛切るようになりましたけど、なんだろう、構築的なカットっていうのかな、そういうのを目指してなくて女子であれば、けっこうセルフカットで行けると思うんですよ。なんかね、世の中にある雑誌とか見るとね、年取ればとるほど美容院行きなさいっていう目に見えないオーダーが書かれてるんですよね。あたしはね、その情報操作を真に受けずにどこまで自分の手で対処できるかチャレンジしようと思っています。



とりあえずあたしのセルフカット方法、最近は頭をまず三分割しています。脳天部分、それ以外の左右、以上。みたいな三分割。左右は適当に前に持ってきて、視界に入る位置のどこかで先っぽを切るだけです。注意点としては、この前に持ってくる時に後ろでそろえた髪の状態を崩さずに前に持ってくることです。これを崩して前に持ってくると、毛先の長さが揃わなくなります。で、切ったら両方の髪の毛に指をすべらせて、指から髪が離れたのが後の方だった側をもう少し切ります。脳天部分。この脳天部分をどこまでと定義するか、いやこの場合は脳天部分をどこまでとしてブロッキングするかですが、まあ、気分です。むしろ適当ですね。だいたい、黒目の外側までの間の幅&耳の後ろあたりまでを脳天ブロックな感じとしています。これを、やはり全部前に持ってきて、全部同じ長さにがっつり切ります。こうすることで、脳天ブロックには勝手にレイヤーが付きます。あたしの場合は前髪がないんでこの方法で無問題。これをやった日から2~3日間、気になるところがあれば切るかどうか観察します。


これね、工数としては10分以内で完了します。テンミニッツ。あたしはお風呂に入る前にやります。髪型を若干変えたいわ、という場合は脳天ブロックの取り方を変えたり、脳天ブロックよりさらに後ろに5Cmくらいのブロックを作って切ってみたりします。耳の上の部分、横髪っていうのかな、顔回りのところを少しすいてみるとかね。これをね、一気にがっつり行かずに長めから少しずつやれば、けっこういい感じになりますよ。ちなみに、「自分の視界に入るところで後ろの方の髪の毛を切る」ということになると、おおむね全体の髪の長さは背中の真ん中くらいかそれよりちょい短めになります。で、こうやって切ってるあたしの髪型ですけど、何に属するかさっぱりわかりません。けど、間違いなくロングヘアではある。



自分で切るとさ、切りたいと思ったとこだけ切れるからいいんだよね。しかもゼロ円で。待ち時間なしで、予約なしで。あとねー、このさ、脳天ブロックを多めにしたら、昨今流行りのネオウルフもできると思うんだよね、やらないけどさー




Flipper's Guitar - バスルームで髪を切る100の方法





Haircut 100 - Favorite Shirt (Boy Meets Girl)




やはり安定のTop of the pops。かつてのイギリス流行りものとは切っても切れない関係性がある。
なんかやっぱりいいね、イギリスのポピュラーミュージック。あたしはオアシス vs ブラー対決時代にわくわくしながらシーンを見つめていたので、突如イギリス音楽に対しての郷愁感を覚え、iTunesを起動しました。適当だけど、Britpopってジャンル分けを作って、郷愁感のあるアルバムを突っ込んでいたはず。




bp.jpg




うむ、思ったより少ない。その中から今聴きたくなったのMansun。



Mansun - Wide Open Space




Mansun - She Makes My Nose Bleed




彼女にはなじブー状態にされ、ブチぎれる男子の歌として記憶している「She Makes My Nose Bleed」
Slapping her 'round and making her bleedって言ってますよ。こわいですねー。歌詞は基本どうでもいいのでいいのです、でもいいですな、Mansun。この二曲大好きです。



Everybody

2018.03.04.01:29


耳ねー、耳っていうか、聴覚。聴覚すごい大事。危険も察知するし音楽聴くにもこれがないと始まらないもんね。だがしかし、その聴覚に苦しめられるっていうのは、モスキート音だけじゃなくてですね。



味噌ふぉにあ。変換したら新しい味噌系のゆるふわ和菓子の名称みたいになっちゃいましたけど、ほんとはミソフォニア。これね、これ↓。


from Wiki先生

ミソフォニア(英語:Misophonia, literally "hatred of sound")、音嫌悪症または音恐怖症とは、まれに診断される医学的な障害である。原因は神経学的だと思われ、特定の音に対して否定的な感情(怒り、逃避反応、憎しみ、嫌悪)が起こされる。小さい音も大きい音もある。




症状の詳細は先生の解説をご覧いただきたいと思いますが、あたし軽くこれだと思うんですね。けっこうマジにこれに当てはまるんだよね。あたしが引用したところに、【特定の音に対して否定的な感情(怒り、逃避反応、憎しみ、嫌悪)が起こされる。】ってあるんだけど、あたしの場合、嫌悪はあるけど怒りはしない。むしろ絶望する。どうして今、あたしはここにいるんだ…的な絶望。昔はもっとひどかったけど、今は我慢できるようになってきた。「あたしもたかだか音の一つや二つでそこまで絶望しなくなってきたわ、これが大人になるっていう事なのね」とか思っていたけど、これ医学的な障害だったのね。最近知ったのですよ、このミソフォニアってやつ。症状見ると思い当たる箇所がありすぎ。


Wiki先生によれば「2014年に南フロリダ大学で行われた大学生を対象した研究では、500人程の参加者の中の20%がミソフォニアのような症状を呈した。」ってことだから、けっこういるんだよねー、きっとー。


でね、このミソフォニアを知ってあたしはちょっと安心した。確か以前ここにも記した気がするけど、あたしは職場で一時期に隣に座ってた人の昼飯音に耐えられずに絶望し、さらに「この音は人間が出してるんじゃないんだ、謎の深海生物が出してる音なんだ」と思い込もうとして寧ろ逆に怖くなり、結局ノイズキャンセリング機能付きのヘッドフォンを買って対処した、という事があった。その時にはさすがにあたしちょっとおかしいんじゃないかと実は不安だったりした。他の人は全然そのダイナミックな昼飯音を気にしていなかったからだ。他の人に訊いてみると、「え、ほんとですか?ちょっと昼休みに耳を澄ましてみる」とか言ってくれて、事実耳を澄ましてくれて「ほんとでした!マジすごかったっす!」等の報告をしてくれたりしたんだけど、それあたしが言うまで気にも留めてなかったってことなんだよね。で、あたしなんでそんなの気付いて絶望しなきゃならん上に、大枚はたいて対処せにゃならんのかね…と少ししょげたのです。



Wiki先生のいう症状が現れる対象音の例にあがってたものであたしにヒットするものは「唇鳴らし、ズルズルの音立て、そしゃく、飲用、(大丈夫ですか?と思うほどの大きな)呼吸、(口あけっぱで)ガムをかむこと、飲み込み、ゴクゴク、ある子音の音」です。主に口回りね、口から発せられる言語以外の音ね、それがヒットするのですよ。鼻笛(何の因果か鼻呼吸時に鼻がぴーぴー言ってる状態を指しています)とかは面白くて寧ろ好きですよ。隣の席にね、全ての食べ物を吸引してる人が座ってたらね、どれだけ絶望するかわかんないってことなんですよ。でもそれあたしの勝手なあれなんでね、いちゃもんつけたりしませんよ、どんなサウンドを放ったって自由だからね、そんなもん基本的にそうじゃんね、ってなるでしょ。代わりにあたしはそれ絶対しないけどねっていうね。そんで、この例に挙げられてる対象音の中で、三回くらい飲み込み系の表現入ってくるのがすごいね。



そんであたし、そのダイナミック昼飯音インシデントの際にはしょげたけども、聴覚はアンストッパブルなので、常に全開でその機能を果たしてくれてて、あたしにとっての異音が聞こえた場合には速攻でノイズキャンセリングするしか対処法はないのね。誰も悪くないしさ。あたしが聴かなきゃいいだけだもんね。それにしてもこの昼飯音インシデントは久方ぶりの絶望を感じざるを得なかった。あたしまだまだ大人になれてないと思ったもんね。あ、あとね、静かすぎてうるさい時とかね、そういうときにもいいんだ、ノイズキャンセリング。



しかし!これはミソフォニアというれっきとした、なに、症状っていうか病気っていうか、医学的な障害?それじゃないですかー、なんだそうかあ、なら仕方ないじゃん、よかったわー、あー、すっきりした!って感じになれたのでした。すっきりしたけど、ノイズキャンセリング頼りは変わんないね。対処法があるだけいいよね、障害って言われてもさ。うん、すっきりした!でもさ、この障害が重度で且つ怒りっぽい人だったらほんと大変だよね。そういう人は絶対にラーメンやと蕎麦屋には入っちゃまずいよね。確実にお縄頂戴インシデント勃発だよ。気を付けないとね、マジに。



なんだ障害じゃん!すっきり!という感じを思い出した時になぜか聴きたくなった曲



Backstreet Boys - Everybody (Backstreet's Back)




プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる