FC2ブログ

しろくろちゃんの鼻

2016.05.29.10:00


今日は近所の農園に、トマトとケチャップを買いに行きます。トマトは食べたことあるけど、ケチャップは買ったことないので楽しみ。



がさがさと用意をしてたら、もふもふちゃんがねじれながら外を見ていました。


nejimofu.jpg




しろくろちゃんも負けじとポージング


nejishiro.jpg




最近、しろくろちゃんの鼻がピンクになってきている気がする…
いつか全体がピンクになっちゃうのかしら。


hana.jpg




しろくろちゃん、黒いところに白い毛が混じるようになってきているし、猫は育つと模様が変わったりするのかなあ、と観察しています。しかし、猫ってどこにいても、風景の一部になるんだなあ。自然体だなあ。



Avishai Cohen Trio - Seattle



ごちゃごちゃした町の雑踏の中にいても、様になるんだろうな猫。かっこいい。




mofukko.jpg


スポンサーサイト



落とすところが一番大事とかいうよねー

2016.05.28.11:29


前回書いた内容から、作業工程をさかのぼって考えてみました。何のことかというと、スキンケアのお話しです。
カフェで観たメイクお兄さんの様子を文字に起こしたことで、備忘録的にスキンケアの好きなものを書いておこうと思いました。



作業工程をさかのぼるーということで、洗顔の前に行うのはクレンジング=メイク落としですね。夜のみ発生する作業です。


ほんとは一番すきなクレンジングは…金さえあればいつだって使いたいけどそうもいかないこれ。
ゲランのクレンジングクリーム、「CRÈME DE BEAUTÉ」8000円くらいかな?

gcc.jpg


商品概要はこちら

「Crème Secret de Bonne Femme/シークレット ボンヌ ファム」の誕生から100年余年、極上のやすらぎを提供するクレンジング クリームが新たに登場。さまざまな肌タイプにお使いいただけるリッチなクリームのテクスチャーが、クレンジングを至福のひとときへと誘います。潤いを保ちながらやさしいクレンジングで、しっとりなめらかな肌へ。




信じられないよね、これ、顔に塗ってふにふにした後、そっこうでふき取るものなんですよね。何その値段、て感じですよね。でも、使用感とその後の肌の調子のあがり方は8000円くらい払うに値しますよ。毎日は使わずに、「ああ、今日の状態がひどすぎる…」というときに使います。上の画像はリニューアル後の製品なんですが、リニューアル前の青いガラスの容器だったころの重たさがすごくて、ちょっとした鈍器でした。リニューアルしてから買ってないので、今日買ってみようかなと思っています。鈍器再びなのでしょうか。楽しみです。



「おう、もう今日はめんどくさいわ!」というときに使うのがこれ。
松山油脂の「肌をうるおす 保湿クレンジング」税込み1296円。

matsu.jpg


商品概要はこちら

肌になじませるとほんのりあたたかくなるジェルタイプのクレンジングです。植物性オイルと保湿成分グリセリンをベースに、肌の働きを整える大豆由来成分を配合。メイクをやさしく包み込み、うるおいを守りながらすっきりと落とします。アルコール・香料・着色料・パラベンフリー。



これ、楽だし負担がかかる感じがないし、ほんといいですよ。商品名に肌を潤すと言っちゃってるだけのことはしっかりしてくださいます。



普段使いにしている、ながらクレンジング品。
「オリブ油」。100mlで300円くらいかな。ドラッグストアに必ずあるよね、クレンジングのコーナーではないけど。薬用であれば、会社は問わずに買っちゃいます。安いしね。

olive.jpg


商品概要はこちら

日焼け後の肌や、やけど、かぶれを感じる時に役立つ医薬品です。 肌がカサついたり、かぶれたりしている時は、外部などの刺激から肌を守るバリア機能が低下している状態です。
本品ではガーゼ、脱脂綿などに本品を浸して肌にぬることで、肌を守り、なめらかで生き生きとした状態にします。




クレンジング用ではないけど、これをクレンジングに使ってる人は多いと思います。
私の場合は、入浴前にこれを適量顔全体に塗布しておき、出る直前に洗顔します。シャンプーの泡が顔についても気にならないし、入浴中の水分蒸発を防いでる感もあるし、塗って最後に洗うだけなので楽だし。ただし、洗顔後に顔が「きゅきゅっ!」ってなるような手触りが好きな方は2回くらい洗顔したくなっちゃうクレンジング法だと思います。



スキンケア関連商品、その日の状態と気分に合わせて変化をつけられるように、目的は一つでも複数の選択肢を持っておくといいですよね。ああ、こういうことをあのカフェにいたお兄さんに伝えたかった。きっと彼はクレンジングシートとかで顔をガン拭きしてたりするんじゃないかなあ。後悔先に立たず…あのお兄さんの皮膚に幸あれと願うことしかできない。まあ知らない人から急にクレンジングがねー!とかのたまわれても、お兄さんドン引きするだけですから、無理ですけど…。


ゲランのクレンジングクリーム買おうとか思ってたら、「パフューム」って映画を思い出しました。ゲランは香水から始まったメーカーさんなんですよね。しかしあの映画すごかったなあ、ということで次回はこの映画のことを書こうかなと思いますよ。



最近iTunesストアで買った懐メロ。これを聴きながら、さわやかにクレンジング買いに行こう!

Breathe - All That Jazz



そんな奇跡はなくていいの…いやあったほうがいいか

2016.05.25.22:35



今日、帰りにセブンイレブンに寄ったらくじが引けて、見事に「ピコラ」というお菓子をゲットしました。
しかしながら、特にほしいと思うものでもなく、ぼんやりと頂いて帰りました。



こういうのはなんとなく、ちょっと運を無駄にした気分。
お菓子ありがたいけど、ありがたいけどもー



「お、これはいい運を使ったぞ!」てことがちょっと前にありました。
ネット通販で買い物しようとするとよく起きることとして、カートの下などに「あと○○円で送料無料」という文言にまんまとやられるときってありません?私、こないだそれにやられました。


よく考えなくてもほんとは、追加購入しないで送料払ったほうが最終的に得じゃんか、ってのをわかりつつ、カートに入れてみた商品がとっても素敵だったのですよー。



これこれ。「荒れ性用 花梨の化粧水」というものです。
税込み2160円で200ml。630mlのホームサイズで税込み6480円。
karin.jpg



商品の説明はこんなかんじ。

元宮内庁御用達の香水「久邇香水」の香水職人さんが、手荒れのひどい家族のために研究し、花梨の種で作ったという口コミで伝わっている花梨の化粧水です。
素材にこだわり国産の花梨の種をたっぷり使い、1本1本手作りで作られた化粧水は、保湿作用が非常に高く、かなりしっとりとした使い心地になっております。
また天然成分のみでお作りしているので、防腐剤・保存料・着色剤・変色防止剤は一切使っていません。
乾燥からお肌のかゆみもやわらげ、お化粧下地はもちろん、男性のヒゲ剃り後にも効果的で、お顔にはもちろん手足など、全身にご使用可能。
花梨の種には、非常に優れた保湿作用・殺菌作用・消炎作用があり、低刺激なのでお肌の弱いお子様から、アトピー肌の方やご年配の方まで、ご家族全員で安心してご愛用いただけます。





私の使用感としては、ちょっと気合い入れて買ってみた1万8千円とかする化粧水よりいいです。ライスフォースよりいいです。ライスフォースで120ml・8000円とかより断然こっちのほうがいい、あくまで個人の感想ですが。



IPSAという化粧品屋さんがあるんですが、そこで自分の肌の状態を見てくれるサービスがあるんです。イプサライザーっていう、機械を使ってね、計測してくれるんです色々と。その一つにね、「水分保持力」ってのがありまして、私その数値があり得ない程低いんです。お店の方に「この数値で普通の見た目であることが奇跡です。」とか言われるくらい水分を保持できないらしいんですよ。確かにうっかりすると、ぴろぴろと皮がむけてしまったりするし、だめよね…という自覚はあるんですが、まさか店員さんに奇跡を見せてしまうとは。



悪い意味で奇跡の水分保持力を持つ私にとって、この「花梨の化粧水」は久々のヒット商品でした。変なにおいもないし、長時間しっとりするし、何より肌に刺激がないのがいいです。ちょっと顔の一部がぴろっと皮むけしてたりすると、化粧水ですら刺激物になったりするんですが、これはほんとに何のダメージも与えてこないです。男性でも、毎日ひげそらなきゃいけないけど実は皮膚が弱くて顎がいつも痛い…という方にはほんとお勧めです。



あと、Savonneries Bruxelloises(サボネリーズ・ブリュッセル)の石鹸、特に「デッドシーマッド」が大好きです。これは浮気せずに長く愛用しています。正直、ベルギーの連続テロでまっさきに石鹸とこの会社を心配した。この石鹸、皮脂を落とし過ぎずに洗える上にこれまた刺激がない。そして洗面所がいい匂いになる。
最近やっと公式通販が出来て、手に入りやすくなりました。顔だけ洗ってれば余裕で半年はもつし、しっかり水気を切る&水気が切れやすいソープディッシュを使っていれば、小さくなってもぐにゅぐにゅにならず、しっかり硬いままでいてくれます。
dsm.jpg





今日は初めて女子らしいものをご紹介しました。
「やばいもう季節無関係で乾燥肌やばい」的な方がいらしたら、頭の片隅にでもこの情報を置いといてもらえたらなと思います。花梨の化粧水は、お試しサイズ540円てのもありますので。先日、このお試しサイズを、姉にプレゼントしたところです。うちのお姉ちゃん、寄る年波かひどく肌が荒れていたので。肌の調子がよくないときに急に基礎化粧品を変えると良くないので、少し調子が落ち着いてから使ってねと一言添えるのも忘れずに!ちょっとでもよくなってくれるといいな。



花梨の化粧水のフォント(?)が和風だったので、なんか和風の曲と思ったらこれしか浮かばなかった。いい曲。


大桟橋(伊呂波調) - 内田兄弟




フォントが和風というより、普通に手書きかもしれないということに今気づきました。

人間サイズのスポンジボブが、走る・撃つ・撃たれる

2016.05.19.21:22


5/20 スポンジボブのことを書くのを忘れたので、追記しました。





こないだ、Huluから「あなたへのおすすめ映画」とお勧めされたので、何の気なしに観てみた映画が面白かったのです。


「スガラムルディの魔女」って映画。観終わってからも、これがどうしてR15指定なのか理由がわからない。


Huluから概要の引用♪

白昼のマドリード中心地でド派手な銃撃戦が発生した。コスプレ大道芸人に成りすました5人組の即席ギャング団が宝飾店を襲撃したのだ。リーダーは失業による結婚生活の破綻でヤケになり、キリストに変装したホセ。幼い息子のセルジオ、兵士に扮した若い男アントニオとともに、偶然通りかかったタクシーに乗り込むが森の中に迷い込んでしまう。年老いた女主人に道を尋ねた彼らは、スガラムルディという地名を耳にしてゾクリと背筋が凍りつく。それは古くから魔女伝説の言い伝えのある村だった!





アクション・ホラー・コメディ、という感じの映画です。

冒頭の強盗シーンで、コスプレ大道芸人の中で主犯とグルになってる透明人間コスプレの人が、全力で逃げてる最中、ナチュラルに街灯に激突するシーンで笑ってしまい、そこから一気に引き込まれて見ちゃいました。激突&転倒した透明人間を避けるミニーちゃんが完全に女子の動きじゃないとこも素敵。銃撃戦あり、カーアクションあり、グロあり、怪物ありの映画で観る人を選ぶとは思うんですが、ほんっと面白かったです。


主人公の主犯・ホセは、キリストのコスプレで強盗するんですよ。しかも子連れで。張り付け時のキリストのコスプレなので、ほぼ全裸なんですよ。とんだ丸腰での強盗ってのもなんかすごいんですが、逃げるためにタクシーのボンネットに飛び乗るとか、ほぼ全裸でよくやんな、どんだけ足の裏の皮が厚いんだろうかと感心しつつ。逃走中のタクシーを追ってくるパトカーと銃撃戦を繰り広げてる最中にかかってきた元嫁からの電話に「今、公園にいる」とか嘘ついたりしてね、バンバン後ろから撃たれてるのに、元嫁への言い訳頑張ってみたり。


色々と笑える箇所はあるんですが、見終わった感想としては「これ作った人、確実に女に恨みがあるけど、好きなんだろうな」というものでした。


途中で立ち寄る怪しい飲み屋のトイレとこんなところがつながってるのか!とか、生贄にされそうになってるのに、突然とんでもない告白を始めたりする刑事さんとかねー、本筋と関係ないところでも色々と笑えましたよ。


やぁ、見てよかったなあ♪♪
それにしても、この映画で一番可哀想な人は逃走時に奪ったタクシーの先客のおじさん。









追記


冒頭の強盗シーン、コスプレ大道芸人のスポンジボブが、宝飾店の外でポリスを迎え撃つ役割のようなんです。時間稼ぎ要員なのかなー。



銃乱射中のスポンジボブ
b1.jpg



警官に撃たれるスポンジボブ
b2.jpg



撃たれて倒れたスポンジボブを心配する、頭部がしずく型の謎キャラクター
k1.jpg



スポンジボブはわかるんですけど、このしずくさんは何のキャラクターなんだろう。スペインの有名なゆるキャラなんでしょうか。
他のシーンでは出てこないので、顔も分からないんですが、気になるんですよ。スポンジボブを介抱するいい子だし。しずくさんは、強盗とは無関係の、普通の大道芸人さんのようです。



わかった!しずくさんはスポンジボブの親友なんですね。
だから心配してるのかー、これは美しい友情が展開するシーンでもあったんだね!いい子だ、しずくさん=パトリック!
bcbc.jpg




この映画、ひどい目に合うタクシーの先客のおじさんとかいますけど、ほとんど人が死なないんです。
いいですね、そこもラテンな感じで。




カフェにて#2

2016.05.15.11:17


友人と二人でカフェに入った時の事。私たちは、対面式の二人掛けの席へ案内され、席に着いて「何頼むー?」なんて言いながらメニューを見ていましたが、私から見て右隣の席からの声に、私も友人も動きが止まってしまいました。



「言ってくれなきゃ、僕も分からないんだよ?頼むから何か話してよ」




そう言った男性は、私の斜め前に座っていたので、ふとそっちを見てみると、ウンナンのうっちゃん似の男の人(31歳くらい)が真剣な顔で腕組みをし、彼の目の前にいる女子(26歳くらい)に話しかけていたのでした。女子の方は彼の方を見ることもなく、俯いたまま。あからさまに、彼と彼女の間には、重い空気が流れている。友人も私と同じように、斜め前にいる女子を見てそれを察した様子。


私と友人は目くばせで、「おお、なにやらただならぬことが起きているようだ…」と意思疎通をし、静かにサンドウィッチとカフェオレを発注。全く関係ない、隣席の空気に感染してしまったのでした。それもそうなんだけど、彼が一体何を彼女から聞きたいのか、そして彼女は何を彼に伝えるのかに興味津々ゆえの自然な沈黙、と言ったほうが正しいですね。


さらに、私は彼の顔が気になって仕方がない。彼は、明らかにメイクをしているのです。ファンデーションのみなのですが、それがばっきばきに油浮きしちゃってるんですよ。小鼻のところなんか、もう見るも無残な状態になっている。女子であればこの状態で道も歩けやしないだろう。恐らく彼は、化粧水+下地+パウダリーファンデーションのみでメイクをしたのでしょう。私の経験上、そこまでの油浮きに伴うメイク崩れは、このパターンでメイクした場合にしか起き得ない。最近は男性でもメイクをするらしいので、「男性がメイクしてる」てとこは置いとくとして、真夏でもないのに何故そこまでメイク崩れる?保湿、保湿しなさいよちゃんと!とか思ってしまう。真夏でも、保湿をしっかりしておけば、メイクはほんとに崩れなくなるのですよ。
冒頭の彼の一言以降、彼も彼女も私たちも、口を開かず膠着状態。私は友人よりも知りたいことが一つ増えてしまった状態で、隣席の二人を見守ることとなりました。



「理由がわからないんだよ、急に別れたいって言われても。」
彼が突然、口火を切りました。
やっぱりそうだよね!!!!そのネタだよね!!!!彼の言葉に友人とアイコンタクト。
彼女はそれでも動く様子もなく、黙ったまま。


「君の意見を尊重するにしても、何が原因なのか僕は納得したいんだよ。」
堰を切ったように彼が畳みかける。まぁそうでしょうなあ、とりあえず彼女も何か言ってあげたらいいのに、まだ黙ってる。


「話したくないの?そうなの?」
この彼の言葉に、彼女がうなずく。ええー・・・話すのもイヤってことは相当なんじゃ?
もふもふとサンドウィッチを食べながら、友人と目を見開き合ってアイコンタクト。やばいよそれ、聞かないほうがいいんじゃない?


「じゃ、書いて」
そう言って、すっと席に備え付けの紙ナプキンを彼女に差し出す。
もぞもぞと動く彼女。どうも、バッグから書くものを取り出してる様子です。
えっ!?書かせる気?彼すっごく論理的。いいけどそっちのほうがダメージ残る可能性が・・・私はなんとなく彼の味方になっていきました。


彼女が差し出す紙ナプキンを取り、彼は続けます。
「キモいって、どこがキモいの?」


おい、彼女!直球すぎるだろうが!さらにそれですべてが伝わるわけなかろうが!
つうか彼心強いな。文字で「キモい」とだけ書かれて、即座に「どこが?」って訊けるのって、心が強いか自分に自信満々なのかのどっちかだよね。


「ねぇ、具体的にどこがキモいのか教えてくれないかな」
食い下がる彼に、彼女は応じない。その後、彼が思い当たるキモかった行動をさんざん口走るのですが、私たちが聞いててもそれはそんなにキモい行動ではなく、彼女もかぶりを振りまくっている。だよね、じゃあ何よ?と思ったところで彼がまた、「書いて」と紙ナプキンを彼女に渡しました。ささっと書いて、彼に返す彼女。



「存在自体…」彼がポツリと言いました。その後、彼もしゃべることができなくなり、私たちは彼らより先にカフェを出ました。



彼女の気持ちわかんないでもないけど、彼可哀想。
存在自体が無理ならなんで付き合ったかね…。その後、友人とのショッピングの間、なんで彼女が彼と付き合ったのかについての仮説が飛び交い、最終的に友人との共通認識として「沈黙は罪」に落ち着きました。



あと、可能であれば彼に崩れないメイクとスキンケアの方法を教えたかった。



性別的にJackson 5の方を選択すべきなんだけど、こっちのほうが明るいので、彼の今後が明るくなるように祈ってのGloria Gaynor。彼にもI will surviveっていただきたい。


Gloria Gaynor - Never can say goodbye




執着心の行きつく先

2016.05.06.14:30


「ル・ポールのドラァグ・レース」で、ル・ポールさんがうまいこと自分のアルバムの売り込みをしてくるため、iTunesストアでル・ポールさんのアルバムを買いました。アルバム一枚900円。お安いー!


昔のiTunesストアは微妙にいじわるで、「あったよあったよこれ欲しいよ!」となったものを見つけても、「お前の使用する通貨でこの曲は売れない。現地通貨を調達するがよい!話はそれからだ!」みたいなメッセージとともに、販売を拒否って来ることが多々ありました。確か、別の国でAppleID作れって感じだったと思う。なんというご無体。iTunesストアから挑まれた闘いには応じず、結局足で探したり(disk unionやらタワレコやらHMVに行くだけ)、アーティストが別口でオンライン販売してるサイトから買ったり、海外のタワレコから通販で買ったり色々と頑張って曲をゲットしてました。



それがね、いつからか覚えてないけど、iTunesストアが盛大にデレて、国境がなくなったんですよね。男は黙って現地ID調達命令が解除されたんです。嬉しいけど、結果としてこういうのが、CD屋さん衰退に繋がっちゃっているんですよね、きっと。



ほんと、CD屋さんて一日中いても飽きなかった。毎日通っても飽きなかった。結果的にCD買い過ぎて金欠になり、当時の上司に「お前は禁治産者だ!俺が一か月の金の使い方を決める!」とまで言われて一か月のお金の使い方メモを渡され、それをガン無視し、厳選した放出可能CDをdisk unionに売りに行き、次の給料日まで耐え忍ぶつもりだったのに、中古引き取りの査定を待ってる間になぜか手にはどんどんCDが…っていうループを繰り返していた日々を、今はもう二度と繰り返すこともないだろうと思う。懐かしのCD屋さんめぐりの日々。そのCD屋さんがばしばしなくなっているのですから。さりとて、今も私のキーホルダーには、ビクトリノックスの小ぶりのナイフがくっついている。これの携帯を始めたのも、CDのせいだ。輸入盤のCDにくっついてる側面シールや、デジパックの密封ビニールをすっぱり断ち切るためのツールとして。しかし輸入盤のCDにくっついてる側面シール、手ではがそうとすると謎の角度ではがれちゃって、何度「むきぃ!」って怒ったか。このナイフで「むきぃ!」が一掃された。もう、購入当初の使用意図としての使いどころもないなあ…



さて、そんな郷愁感は置いといて、iTunesストアにもっと商品数がなく、ツンツンしまくっていたころ。10年以上前くらいのことかな。
とんでもなく聴きたくなり、とんでもなく探しまくった曲がありました。「とんでもなく」が二回重なるってことは、もう事態は緊急を要しています、私の中で。海外通販も船便で時間がかかるし、iTunesストアにもない。ネット上にも「昔こんな曲あったよね!」っていう情報しか出てこない、日本語では。けど、負けない!脳内で流すだけじゃなく、耳から聴くまでは!



負けない!とか意気込みつつ、やっぱし頼るのはネットでした。アーティスト名と曲名で探すと、出てくるのは軍事関係のサイトばっかり。なので、MP3をキーワードにくっつけてグーグル先生に頑張っていただく。しかし、先生が見つけてくるのはtorrent系のサイトか、リンク張りまくってたらいまわしにされた後、結局torrentかよってサイトばかり。違法じゃ意味ないんだよ、ちゃんと対価を払いたいんだよーってかtorrentとか怖いだろ!と思いながら、先生の出す結果をたどりたどっていきついたのは、ロシアのMP3ダウンロードサイト(有料)でした。ドメインに「ru」。速攻でPayPalのアカウントを作って無事購入。



その曲がこちら。

Camouflage - The Great Commandment


New Waveですね。そんなことも知らずに好きでしたけど。
Camouflageはドイツのバンドで、今も活動中のようです。



今はこんな、さっくりyoutubeでみっかるんですよね…さらに、iTuneストアでもお取り扱いされてる模様。もっと、早く、お取り扱いしてほしかったよー!謎の男気で入国拒否してたくせによー!ロシアまで行っちゃったんだぞー!ロシアでウィルス握らされんじゃないかとか自動でエロサイトに登録されんじゃないかとかびくびくしながらカートにいれたんだぞー!この、このiTunesストアめ…便利じゃないか。


外人さんもiTunesでの販売をお喜び。一個目のレビューの人の気持ち、あたしもわかる!
それにしたって、iTunesが設定してるジャンルのあまりの適当さにはびっくり。R&B/Soul Discoはまかり間違ってもないよー、売ってくれるからいいけど。
great3.jpg


カフェにて

2016.05.05.15:50


世に氾濫するカフェ。いつからそんなにも、日本人はコーヒー的なものを欲するようになったのでしょう。



それはさておき、カフェってこう、なんであんなにも耳に残らない音楽をかけているのでしょう。万人に対し、居心地の良さを保証するためなのかな?確かに、あまりにも強烈に耳に入り込んでくる音楽がかかってたら、町のホットステーション的なものとして好ましくないかもなのですね。耳に残るようなのや思わずテンション上がるようなのがかかるカフェっつったら、ハードロックカフェにでも行ってらっしゃいよ!ってなっちゃいますもんねー。



そんな近所にハードロックカフェなんてそうそうないですしー。
人を待つ間とか、歩き疲れちゃったぜ、ついでにちょっと色々お話ししますか!って時には普通にカフェ入りますよね。



で、カフェでかかり気味な耳に残らない音楽ってなぜか、高確率で小野リサっぽく加工された昔のヒット曲だったりすんですよね。
小野リサ加工=ボサノヴァですね。ボサノヴァに何一つ文句はないんだけど、なんでボサノヴァに加工されるだけで、あのように心地よく耳を通り抜けてしまう音楽に様変ってしまうのでしょう。ボサノヴァDNA強すぎ、ってことなんでしょうけども。



カフェにて、ボサノヴァ加工されてたのを聴いたことがある過去のヒット曲をおいてってみます。
過去のヒット曲と言っても、これまたイギリス限定のヒット曲になっておりますが…


Omar - There's Nothing Like This
これはまだなんかわかる気がするんだ、ボサノヴァってても似合うし。




The Blow Monkeys - It Doesn't Have to Be This Way
え、こんな曲までもが…!と驚いてましたが、もうふっつーにカフェ・ボサノヴァに取り込まれておりました。




Bronski Beat - Why?
これが一番衝撃を受けたカフェ・ボサノヴァ加工の原曲。

Bronski Beatの初代ボーカルはJimmy Somervilleという人で、Bronski Beat脱退後にThe Communardsを経てソロに。ソロになってから出たベストアルバムに、Bronski BeatやThe Communardsの曲も入ってる。こういうのってありなんですかね。クラプトンのベストアルバムにLaylaとかBell bottom bluesが入るみたいなもんですかね。



Comment te dire adieu」とかのカバーもカフェでかかる率が高いですが、せっかくなのでJimmy Somervilleバージョンで。なぜかフランソワーズ・アルディのほうを聴くと魔女っ子メグちゃんを思い出す。魔女っ子メグちゃんのEDは名曲だと思う。


Jimmy Somerville & June Miles Kingston - Comment te dire adieu
とりあえず、「クリネックス」しか歌詞聞き取れない。





それにしたって強い…強いぞボサノヴァ!クラシックギターと腹筋なさそげなボーカルがそろうだけで、原曲のイメージを9割方払拭するなんて…!というか、普通にちゃんとしたボサノヴァかければいいのにね。
うーん、もしかしたらカフェ・ボサノヴァは、ほんとのボサノヴァではないのかなあ。本気のボサノヴァ好きの人から見ると、ちっがーう!って言われそうな気がしてきました。




Stan Getz & Joao Gilberto - Doralice




これ聴いてたら、「めっちゃチンチン言ってんだけど!」と友人に爆笑されたことがある、由緒正しいボサノヴァ。「失礼な、わ、笑うんじゃありません!」とは言っておきましたが、言ってますね確かにね。


一発だって当てるの大変よね

2016.05.03.23:55


4年に一回くらい、突然ふぁーっと思い出して聴きたくなる曲って、大概「その曲しか知らないのよね」感が強い、所謂一発屋さんのものだったりします。この場合、ほんとに一発屋さんかどうかはちょっとさておきます、自分内の一発屋さんです。





こんなんとか▼Jane Child - Don't Wanna Fall In Love
頭頂部が剣山!なんという髪型!とか髪型にばっかり気が行ってしまうけど、曲も好きです。





こんなんとか▼Sophie B. Hawkins - Damn I Wish I Was Your Lover




上の二つは、アメリカでヒットした曲だったよねと記憶してますが、その昔はそんなにいろんな国のヒットチャートまでは追えなかったですから、せいぜいもう一つはイギリスなのですよねー。なんか、イギリスの方が一発屋感のある曲って多かった気がする。




UK一発もん:こんなんとか▼Michelle Gayle - Looking up
この曲大好き、無駄に前向きな気持ちになるので




UK一発もん:こんなんとか▼The Shamen - Move any mountain
この曲のパーツを分解して、ひとつずつの音だけで1トラックになってる誰得CDとかまで出るくらい売れてた。ベースだけで一曲とかで、「ぽぽぽぽ」とかしか聞こえないの。通常版のジャケ写にはでっかく「山」って書いてあって、日本人としてはパッと見で吹いた後、微妙な面持ちになってしまったものでした。




UK一発もん:こんなんとか▼Stakka Bo - Here We Go
顔芸しまくる帽子の男の人にどうしても目がいっちゃう





この、「Stakka Bo - Here We Go」がね、もう一回聴いちゃうと一日頭に着く。高確率で頭についちゃうし歌っちゃう。いい曲なんですよね、能天気で。結局のところ、Stakka Boさんのことはよく知りませんが、好きな曲なんです。この人らまだいんのかね?と思って「Stakka Bo」でグーグル先生に訊いてみたところ、いるどころの騒ぎでなかった。


Stakka Boさんは、ヨハン・レンクという人で、Wikiによれば…



監督活動
多くの音楽家のミュージック・ビデオを監督しており、これまでにマドンナの「ハング・アップ」と「ナッシング・リアリー・マターズ(英語版)」、カイリー・ミノーグの「ラヴ・アット・ファースト・サイト」、オール・セインツの「ブラック・コーヒー(英語版)」、ロビー・ウィリアムズの「トリッピング(英語版)」と「シーズ・マドンナ(英語版)」、ザ・リバティーンズの「ホワット・ビケイム・オブ・ザ・ライクリー・ラッズ」、スウェードの「シーズ・イン・ファッション(英語版)」、ニュー・オーダーの「クリスタル(英語版)」と「クラフティー(英語版)」、ビヨンセの「ミー、マイセルフ・アンド・アイ(英語版)」などを手掛けている[1]。

テレビでは、AMCのドラマ『ブレイキング・バッド』[2]や『ウォーキング・デッド』を監督している[3]。

2008年に『Downloading Nancy』で長編映画監督としてデビューし、同年1月21日にサンダンス映画祭でプレミア上映された[4]。

音楽家活動
1993の楽曲「Here We Go」がヒットし、全英シングルチャートでは最高で13位となった[5]。




え、なんかすごい人だった。デヴィッド・ボウイのPV(Lazarus)も撮られてるそう。
「Stakka Boマジ頭に着くよ、ひーうぃーごぁげーーーーん♪ひぅぃーごーごーごー♪」とかあほっぽく歌ってしまってごめんよと思ってしまいました。
しかし知らなかった。こんな色々とやってる人がStakka Boだったなんて。知らないうちにStakka Bo成分を長年摂取していたのですね、私たち。



プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる