FC2ブログ

時って自然にドS

2016.04.29.20:51


久々にNetflixを見てみましたところ、なんだかはじけまくった番組を見つけました。
「ル・ポールのドラァグ・レース」という番組。ル・ポールさん、MACのイメージガール?だったのを知っていたので、おおう!これは観る価値絶対ある!と思って観てみたら、すっごい面白くてー。
オーディションから選ばれた12~3人の中から、次世代のNo.1ドラァグクイーンを選ぶ!っていう内容で、ありがちっちゃあありがちなんだけど、ポイントは対象がドラァグクイーンってところですよね。


毎回、提示された課題にチャレンジし、下位二名は「Lip sync for your life」という、命がけの口パク合戦をするんですけど、その選曲がまたいい感じでですねー。



▼これこれ!ル・ポールさんは審査員席的なところに座ってる、ブロンドの黒人女性です。あっ女性ではないね。併せて、ル・ポールさんの横に座ってる黒髪の審査員さんもちょっと見ておいてほしい。




これ、男性から見ると「モロ男じゃんか!」ってなるんですかね、私的にはみなさんほんとにきれいだし、さらに美意識とプライドを高く持った素晴しいファイターだなあと、わくわくしながら少しづつ見ております。さらにすごいのは、このル・ポールさんが55歳だという事実だな。すっごいきれい!!


で、この番組で、ル・ポールさんの横に座ってる黒髪の審査員さんね、ミシェル・ヴィサージって人。観て「ええええ!」ってなりました。懐かしさのあまり普通に声出した。


↓この曲のブロンドの人です、ミシェル・ヴィサージ。


Seduction - Two To Make It Right




おい、時の流れ無常すぎるだろ、って時にツッコミを入れたくなるですね。いやー、この曲好き。
この曲の彼女がマドンナすぎんね、と思ってたけど、ご本人超マドンナ好きみたいです。



Madonna Super Fan Michelle Visage



このマドンナクイズを出題してるのが、女装してないル・ポールさんです。普通にイケメン。
ああ、なんかこのドラァグレースのノリのおかげで、王子を亡くした悲しさから少し抜け出れたよ。


スポンサーサイト



王子ロス症候群

2016.04.23.00:45

今朝、6時ちょっと前、スマホに表示されたSmartNewsの号外のタイトルを見て、一日を乗り切る自信がなくなった。
SmartNewsが気を利かせて教えてくれるこの機能を有効にしていた自分、何してんだ!と思った。


私、ここで時事には触れないようにしてるんですけど、これは触れる。
けどちょっと文字で名前書くのもつらい。文字を置き換えないと耐えられない。



王子がいなくなるなんて。王子ーーーーー!おうじぃぃぃーーーーー!うわああああああーーーー!



そして、私がこんなダメージを受けていることを知らない上司が、出勤直後に彼の名を口にした。やめてくれ、泣くぞ!泣きじゃくるぞ!



悲しみに暮れた私は、仕事帰りに海へ向かった。海に向かって、葉山まで行って折り返して鎌倉まで戻ってきたとき、ふと思い出した。 youtubeには彼の音源が全然ないの。さすが、しっかりした人だよ。
でもどうにかして残すことができんじゃん!ということで、iPodをフロントガラスにガムテではっつけて、また海沿いを走ってきました動画 with 王子ソング。ああ、もう今はyoutubeにすっごい数上がってるかもしれないね、彼の曲が。それもまた、彼がいないことの証明になるのか。


Sometimes it snows in Aprilと、Purple Medleyが何度もかかっています。
案の定、途中で録画してるの忘れて、信号待ちのときに気付いて止めました。八幡宮から134に突き当たったとこの信号から、右に曲がって江の島も茅ヶ崎も通り過ぎ、伊勢原まで行っちゃった動画になっています。すごい長いから、最後まで見れる人はきっと王子が大好きな人だ。途中で江ノ電とすれ違ったから、きっと江ノ電映ってる。江ノ電が映っても、王子は戻らない。かなしい。







Purple Medley、彼のヒット曲をコンパクトにまとめたものなんですよね。コンパクトっつっても11分くらいある。11分あるって気づかないくらい、それぞれの曲がうまいつながり方してますよ。このPurple Medleyで、ちゃんともう一回歌いなおしてるんですよね。既存の曲のつぎはぎでなくてね。このPurple Medleyは二種類あってね、11分のと、もっと短いやつ。長い11分の聴きたいのに、短いのがかかっちゃって微妙にやきもきした。



Sometimes it snows in Aprilは、彼の数ある曲の中で、私が最も好きな曲なんですが、彼を愛する人なら、今のタイミングでこの曲を思い出さない人はいないでしょう。歌詞の内容もさることながら、奇しくも今はApril。この曲はつらくて一回しか聴けなかった。四月に雪が降るほうがよかったよ。ぜんぜんよかったよ。なんでいなくなっちゃったかな。。。名曲だよ何度聴いても名曲だよ…彼に対する偏見がある人にはぜひこの曲聞いてほしい。


と思ったら、秒速で「Sometimes it snows in Aprilが著作権違反なので、動画の音ミュートにします」だそうで・・・!
Love CommitteeとCurtis Mayfieldはいいのに…さすが王子、格が違うわ!とか一瞬喜んでしまった。
なので、上の動画はひたすら夜道を走ってるだけの動画になっちゃったよ。夜道が好きな人のための動画になっちゃったよ。
※Sometimes it snows in Aprilが終わったところからの動画に差し替えてみた。音消されなかった。大丈夫みたい。

しかしもう、朝っぱらからなんてこと。彼はマイケルと並ぶ二大キング・オブ・ポップだと思うの。
彼が生み出した名曲たちは、もう、彼に歌われることはないんだね…
今日は、彼を思い出して、何度あくびしたふりをしたかわからないよ。


まだSmartNewsの号外のタイトルしか見てない。
昼休みはたいがいSmartNewsを見てるんだけど、今日は見てない。
詳細を知るにはまだ早すぎる、心の準備が無理。
今はまだ、3年後くらいまで詳細を知る準備ができない気持ちでいっぱいだ。
ご冥福をお祈りすべきなんだけど、それもまだ無理。だっていなくなって欲しくないから。


アイボン以上の効果が得られる

2016.04.20.22:44


うちに、私と最高に仲良しのわんこがおりました。


それが彼です。


足くんくん中
GRP_0005.jpg



なあに?
GRP_0009.jpg



ん?
GRP_0008.jpg



なめるー
GRP_0007.jpg



彼はシーズー。もういないんです。もっと写真撮っておけばよかったなあ。


彼はとっても繊細なわんこで、朝出がけにさんざんとびかかってきて遊ぼうとするので怒っちゃったことがあったんです。
その日の夜、うちに帰ると姉が「今朝あんた何かした?一日中落ち込んでて部屋の隅っこにいるんだけど」と言うので見に行くと、確かに部屋の隅っこでうなだれてる。いつもなら家のドアが開くのと同時に待ち構えていて、毛刈り直後の羊みたいにうれしそうに跳ね回っているのですが。ちょっと離れた場所でしゃがんで、「こっちおいでー」と言っても、こっちを見てまたうなだれてしまいます。どうやら、「自分は怒られた。だからそばに行っちゃいけないんだ」とでも思っている様子。
「朝怒っちゃってごめんね、もう怒ってないんだよ、だからこっちおいでー」というと、言葉が通じたかのように、ハッと顔を上げ一気に満面の笑み&全速力で飛びついてきました。ほんとに、ジャンピングだっこというんでしょうか、前足をがっちり私の首に回して抱き着いてくるんですよ。


まー、かわいいかわいい。
目に入るサイズなら、彼を常に目に入れていたい。私にとってはそのくらいかわいいわんこなのです。


いつかまた会えるかなあ。
また会えた時にもぜひ、ジャンピングだっこをかましてほしいです。



こういう気持ちの際には、やっぱしこれをー




しまった、目がごろごろする!というときには彼のことを思い出せばすぐに目が洗浄される。
けど、この曲で歌われている「Tears」は涙って意味じゃないらしい。


本当にあった怖い話

2016.04.16.00:00


帰りにコンビニに寄って、支払いをSuicaでお願いしたら、レジのお姉さんが「タッチお願いしま~す」と言ったので、この発言を何かよからぬ方向に受け取る人はいないだろうかと、少し気になってしまった。そんな受け止め方をする人は9割がたいないと思うけど…

夜にコンビニでバイトするお姉さんたち。私は彼女たちが帰り道に危険な目に遭わないかを、とっても心配してしまうのです。


そんな、帰り道にまつわる実体験のお話です。


数年前、夜九時ごろに歩きスマホをしつつ会社を出て、ちんたらと駐車場まで歩いておりました。
駐車場の周りは住宅街といえばそうなんだけど、けっこうな暗がりもあります。さらに人通りもほとんどない。スマホでニュースを読みながら、あと100メートルくらいで駐車場の入口だってあたりで、背後の脇道から、笑い声とともに誰かが歩いてきた。笑い声は一つ。その人も恐らく一人なんでしょう。笑い声の雰囲気から、どうも若い男の人のよう。私は、「なんだか知らないけど、えらいハイテンションな若者だなあ」と思いながらも、歩きスマホを続行しました。


その人は、「えへへぇ、あはぁ、うへぇーへへ」のような、若干間抜けな笑い方をしながら、私と同じ方向に歩いてきます。「テンション高い」以外のことは思わず、駐車場の入口まであとちょっと、というところで、その人は「すみませぇーん」と言ったのです。


周りに人はいない。この「すみませぇーん」は、おそらく私に向けられたもの。私はふと足を止めました。続けて、その人は私の背後5メールくらいのところからこう言いました。


「すみませぇーん、あのぉ、僕と[自主規制]してくれませんかぁー?」
そして、常軌を逸したレベルの大笑いをし始めたんです。
自主規制部分は、釣りバカ日誌で言うところの「合体」を、さらに下品なワードにしたようなものでした。


一瞬フリーズした後、速攻でダッシュしました。急いで車までたどり着かなければ。駐車場の入口まで走っていきましたが、この駐車場の入口は坂道&砂利道。足を砂利に掬われて転び、気付いたら坂道で腕立て伏せの姿勢になってました。このテンパった状況で、こけた瞬間に顔面から地球に突撃することを我が掌が回避してくれた結果の腕立て伏せ。掌に激痛を感じつつも、とにかく走って車に乗り込み、駐車場の入口あたりを見てみると、人はいない。でも、笑い声は続いている。「やばいカギ、カギしめなきゃ」と思ったらもうしまっていて、自分何気にやるなぁと感心…してる場合じゃない。逃げるには、あの笑い男がいる道に出て、左折しなきゃいけない。笑い男は、駐車場を出た右側にいるはずなんです。どうしよう、あの人が笑いながら右から突進して来たら。こわい、どうしよう…うん、なんとか車の前に出てもらって、駐車場の向かいの塀まで、押そう。車でゆっくり押そう。塀と車で挟むんだ。そしたら110番しよう。意を決し、車を出しました。今から思えば、その状況で発報し、おまわりさんが来たら100%私がつかまる気がする。


実際、駐車場から出る際、私は一切右を確認せずに左折して脱兎のごとく逃げた。心臓はバクバクで、無駄に息が上がり、微妙に体も震えているような気がする。そして、少し落ち着いたとき、自分の左の掌がずるむけていて、血だらけになっていることに気付いた。右手はスマホを持っていたので無傷。代わりにスマホが地球と激突して液晶がバキバキに割れており、完全にお亡くなりになっている。もう少し落ち着くため、セブンイレブンの駐車場に車を停め、ああ、なぜこんな目に…と、がっくりしたところで思い出した。会社にはまだ女子が残っている。女子が帰るとき、あの笑い男がうちの会社のあたりを徘徊している可能性がある!これは注意を促すために会社へ連絡しなくては!電話がない、いやある、会社から支給された携帯で、会社に連絡。電話に出た同僚に事の顛末を話し、女子が帰る際は男性社員とタッグで帰ってほしい旨を伝えました。


そしたらですね、その同僚は思いっきし笑ってるんですよ。
「ちょっと、ほんと笑い事じゃないんだからね、あたしの掌もスマホもざりざりになっちゃったんだからね!」と訴えますが、「転んだんですよね?」などと言って、笑うんですよ。「確かに転んださ!でもマジやばいやつなんだって、ほんとちゃんとバディシステムで帰ってよ?」一生懸命やばさを伝えても、「転んだ瞬間に腕た伏せだったんですよね?」と言いつつ笑い続けているのを聴いてるうちに、なんだかだんだん私もおかしくなってきて、さっきまでの恐怖心が消えていきました。


後日その同僚に、電話で笑ってくれたおかげで怖いの治ったんだよ、ほんとありがとうねと伝えたら、辛そうだったんで笑ったほうがいいかと思って、と返してくれました。こういう気の回し方ができる人って、すてきですね。この人が電話に出てくれて、ほんとによかった。


笑い男出現の翌日、会社付近の所轄警察に電話し、駐車場付近の巡回を増やしていただくこととなりましたが、その駐車場は即解約して、高くてもそこまで暗くはない駐車場にお引越ししました。


こんなお話しには何の曲が合うのかな?






MTV Unpluggedの音源。ほんとはこれの映像付きがあればよかったんだけど。
曲の途中でBabyfaceが歌い出すのを、クラプトンがギターソロで阻止するシーンがあって、その時のクラプトンの「まだ渡さないぜ?」みたいな表情がいいんですよ。

ある意味、こんな出来事があって少し私の世界も変わったし、いい曲だし、これでいいねー。



やっとやった

2016.04.09.10:32


昨日の夜は少し早く帰れたので、海沿いをつるっと走ってきました。
途中で思い立って、携帯で動画撮ってみました。マイクオフで撮ってたつもりが、めっちゃ音入ってた。
後ろでLove CommitteeとCurtis Mayfieldがかかってます。


進行方向に向かって海を右手に見つつ、道沿いのセブンイレブンから鶴岡八幡宮あたりまで




youtubeに、「動画がぶれてるので修正するか?」と聞かれたので「はい」と答えたけど、治ってる気配なし。
私の車、路面の状況で上下に動いちゃう奴なのと、ずっとボンネットが映ってるので、見てると酔うかもしれません。。


鎌倉は住民税が高い。お土地柄、守るものが多すぎるからなのかな。鎌倉市民は、護られつつ守ってるのね。
あと物価も高いと思う。ジェラート一つで1400円ていったい何事?ってな店もある。あとは、紫芋推しがすごい記憶がある。


平日の夜の海沿い・国道134はこんだけ空いてるのか、という動画になっております。
神奈川県のよいところはいろいろあるんだけど、加山雄三から始まった?湘南っていい感じみたいなノリは、地元民としては微妙な気がしてならないんだな。朝の五時、出勤前のサーフィンで俺の体が目を覚ます的な、ラジオCMっぽいシチュエーションを、地で行くような人も多くなってる。なんだろうね。これはあれだ、わたせせいぞうか、FMステーションの表紙によくあった絵の世界に魅了されてるんじゃないかって思っちゃうんだよね。そんな世界は、湘南と呼ばれるエリアには無い。あったとしても、すぐ隣には釣り船屋さんとしらすの看板があり、普通に田舎で、FMステーションの表紙のように、めったやたらと紙吹雪的なものが舞ってたりしてないのよ。


ついでのねこねこ動画




完膚って、英語にしたら化粧品の名前になりそう

2016.04.04.21:48


昨日、厚切りジェイソンの話をしているときに「完膚なきまでに知らない」と言ったら、以下のような会話に繋がりました。



同乗者「完膚なきまでにというのは、そういうときに使うんじゃないんだぞ」

私「知ってるよ、あれでしょ、“N氏は完膚なきまでに論破され、這う這うの体で討論会場を後にした“とかのときでしょ」

同乗者「N氏って誰だ?」

私「ただの星新一リスペクトだよ」



昨日、このブログに「完膚なきまで」を入力しているとき、実際の文字面になったのを見て、「完膚なきまで?完全な皮膚がなくなるまで?これは若干のバイオレンス臭が…」と感じ、今日の昼休みに「完膚なきまで」の語源を調べてみました。



故事ことわざ辞典より【完膚無きまでの解説】
【注釈】
「完膚」とは、傷のない完全な皮膚のこと。無傷なところが無いほど徹底的にやり込められるさまをいう。
唐の王朝に反乱を起こした蒋鎮が同僚の劉廼を自分の味方にしようとしたが、口がきけないふりを装って返答しなかった劉廼に、蒋鎮は全身に灸をすえて皮膚を焼いてやけどを負わせたという故事に基づく。





エクストリームお灸。なんて恐ろしい・・・これ実際にやられてたら、劉廼さんお亡くなりになってるのでは。完全に蓮コラじゃないですか、怖いわー。
劉廼さんも完膚なくなるまで耐えずに、もんどりうつとかして、お灸攻撃をかわすことはできなかったんでしょうか。寧ろドMだったんでしょうか。もしくは、劉廼さんお灸避けて、完膚無くならなかったけど、全身お灸の刑に失敗した蒋鎮さんが、失敗したと言えず「劉廼?あいつね、もう完膚ないから。完膚なきまでにお灸すえてやったから。今度から完璧に打ちのめすことを完膚なきまでにって言い方しちゃってもいいよ?」とか言いふらしまくって、今日に至ってるのでしょうか。


ほんとに全身お灸の刑があったかは、もう定かではないですが、このような出来事を由来とする言葉を、さらっと使っていることにも、衝撃を受けました。「完膚なきまでにー!」って言ったら、「全身くまなくお灸をすえて、まともな皮膚なくしちゃうんだからー!」って言ってるのと同じなんですよね?由来に近付きすぎてるのはわかってるけど、でもそういうことなのかなーと思いました。


ちょっと怖い。完膚なきまでにという八文字に、こんな出来事が詰まっていたなんて。ほんとにあったことかどうか知らないけど、そんなつもりで「完膚なきまでに」を使ってなかった。他にもこういう、ちょっとした文字数で言っていることに、すごい物語が潜んでいるのかもしれないんですね。


そう考えると、さりげなく使っている言い回し、故事ことわざには、怖かったり楽しかったりする物語が凝縮されてるかもなんですね。どちらかいったら、怖いことより面白いことが凝縮されてたらいいなあ。故事ことわざ、グリム童話一話分を速読してるようなもんなのかな?完膚なきまでにストーリー、ちゃんと書いたら結構壮大な物語になりそうだけどなー、どっかに一個くらい笑いどころあるんじゃないかな。

とにかく今後は、「完膚なきまでに」は、そこまで強烈なんだぞ!!と思うときにだけ使うようにしよう。



皮膚で思い出す曲
最初に聴いたのがElla Fitzgeraldのカバーだったので、個人的にこっちのほうがなじみ深い。

I've Got You Under My Skin - Ella Fitzgerald





で、結局すんごく悪いのは、蒋鎮さんと劉廼さんのどっちなんだろう?



注意事項と怪しいバス

2016.04.03.19:26


今日は所用にて小田原まで行ってきました。行きは、小田原厚木道路で、帰りは下道(国道一号)で帰ってきました。
小田原厚木道路、都内方面から小田原・箱根を目指す方は、東名からフェードインできる有料道路なので、スパーンと飛ばしがちですが、この道路、高確率で覆面が徘徊しているので、制限速度遵守をお勧めします。
もう私、さくさく追い越していく他県ナンバーを、毎回ハラハラしながら見送っております、そしてまんまとつかまっちゃっているので、ほんとご注意ください。小田原厚木道路の緊急停止エリアは、ほぼ、覆面につかまった人が停止させられるエリアと化しておりますのでね。下りも上りも、どっちにもいますよ。神奈川県民からの、注意喚起でございました。


▼帰りの一国で撮った看板。大磯あたりだったかな。とにかく小田厚注意
odaatsu.jpg



「化粧坂って”けわいざか”って読むのね、これはあれか、くしゃみがくさめみたいなやつか?」とか「とりあえずあたしは厚切りジェイソンが厚木に住んでるから”あつぎり”と名乗ってるかどうかは完膚なきまでに知らないから何度も聞くな(今調べたらほんとに厚木在住が理由だった)」とか、「聞くなといえば、”ここどこ?”、”菊名”、”えっ、ひどいなんで?”、"だから菊名"っていう地元ネタがあるよね」とか、くだらない会話をしながら、一国をつらつらと走っておりました。しかし、珍しく一国も混んでなく、ちょっと134の方にも行ってみますかということに。平塚の手前で134に向かいました。


混んでるかなー?と思ったけど、そうでもなくすいすいと進んでいると、前方にどえらい色のバスが。なんだろーと思いつつ、自車とバスの間にいた車が左折でいなくなり、私は柳島の信号でバスの真後ろに止まったんだけど。






▼どえらい色のバス。画像大きくてすみません。
kosumosu.jpg



なんか、違和感ないすか?
「BEST ESCORT」、「YOUR PARTNER ”KOSUMOSU”」て。
そこまでやっといてローマ字標記かいってのもそうだし、「BEST ESCORT」で「YOUR PARTNER」なわりに、ナンバーが不吉だ。
そしてなんか、ハッピー感が若干低いピンクを選択してる気がしてならない。


そもそもこれは何の職種のバス?あなたを目的地までエスコート的な?そうだとすると、「BEST ESCORT」のバックに描かれている、ひざまずく男の人の絵、完全に海外ドラマでよく見る、求婚時の絵、これは大げさじゃなかろうか。うーん。
車内で婚活中の男女がわっしょいわっしょいしてるんだろうか。それはそれで応援したいけど。バスの外観から、趣旨が見えない。


このバス、柳島を左折する模様。柳島を左折するとうちんちの方面でもあるので、追尾することにした。
何をエスコートしてんのか、ちょっと見たろうと思ったのです。そしたら、左折後すぐにバスは「新湘南バイパス」にのってってしまい、いくらなんでもこんな家の近くでバイパスなんて乗る意味ないわ、ということで追尾は5秒くらいで断念するに至ったのでした。



なんだろなー、このバス。
そして私は、悔し紛れにこの曲をセサミストリートのマペットの動きっぽいアクションをしつつ、ノリノリで歌いながら家路につきました。





いくらなんでもここまでの動きはしてない。





亜星力からの顔力

2016.04.02.18:19


ここ最近、年度末ということもあり忙しくしておりました。
そんな忙しさの中、ふと気づくと頭の中でこの音楽が流れてしまい、その症状にも苦しんでおりました。
苦しむというより、「おおぅ、またかもう!」って自分にいらっと来ていたというのが正しい感じです。


突如として、頭にこびりつく音楽ってありますよね。昨日は「牛乳石鹸良い石鹸」の歌がこびりついていました。
CMソングが頭にこびりつく現象として、最もその破壊力が高いのはやはり、小林亜星メイドのCMソングだったと思います。
マルハの中華丼の曲や、ぱっとさいでりあ


ぱっとさいでりあのCMでは、ちょっとしたホラー現象とともにあの曲が流れますね。子供からお爺ちゃんまで、全員が亜星フェイスになっているというホラー現象。今またCMの動画見なおしてみると、結構ナチュラルに子供が亜星フェイスにモデリングされてて怖い。


ほんとは、小林亜星の頭につく曲を作る能力の高さってすごいよね、と思って書き始めたのですが、ぱっとさいでりあのCMを久々にみたことで、別のものを思い出してしまいました、ナチュラル亜星モデリングつながりで・・・



知ってる人は全然知ってると思いますが、もうこのPVがうっかり夜中にTVで流れちゃった日には、しばらく怖くて怯えてました。
とにかく、出演者のばあさんの無事を願わずにいられない、Aphex TwinのCome to daddy。ちょとしたホラー映画より怖いと思うんだ。





こわあああ・・・
Aphex TwinのPV、とにかく出演者に本人の顔をのっけまくるんですよね。
 

プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる