FC2ブログ

突然思い出す名曲

2019.08.12.23:30


ワロス曲線というものをリアルに目撃できるのを期待してみてるこれ↓
今日は久々にがっつり下がっている。8/5の深夜だったかな、1221まで下がったのを目撃したときは色々と新鮮だった。



KRW.png





これを見ていると、いつもこの曲が脳内で再生される。
「変わりゆく数字見つめる君に」という歌詞からの連想なだけなんだけど。



東京スカパラダイスオーケストラ / 美しく燃える森




これ、ほんといい曲。全体が好き。さらに、奥田民生の声の高さは女子でも歌いやすくていい。
とりあえず、この数字の攻防戦は見てるだけで激しく面白い。



スポンサーサイト



体の中のベースライン

2019.07.28.22:48


色々と忙しく、ユノさんの初ソロアルバムや、EXOの白目富豪こと・ギョンスの入隊やら、キュアーがフジロックに来てるけどやっぱり寄る年波に逆らえず行けなかったり、FNSうたのなんたら言う番組のチャンミンが爆発的にかっこいいとか、その他いろいろとありつつスルーしていたのですが、目下のところ、チャンミンが禁輸扱いになってもあたしは我慢できるぞ!と強い気持ちを持って日々を過ごしております。


そんなことは実はどうでもよくて、頭浸浴って知ってます?これね、あたしが以前から日々実行している、入浴時に頭皮を5分くらいお湯につけておくっていうものをさらに一歩沈ませて、耳までお湯に浸けると、そういうものなんです。ちょっとググってみると、耳まで浸けないものも頭浸浴でいいみたい。今日初めて知った。さっそくこの耳まで浸ける頭浸浴をやってみたのですよ。水中に耳が入るので、ちょっとした無音状態になるわけですが、その際あたしは事前に「きっと自分の脈の音とか聞こえるんだろうな」と思っていました。そしたら意外にも、なんかベースラインっぽいものが聞こえてきたのです。「ああ、これは家の前の通りをとんでもない音量で音楽流しつつ走ってる、ずんどこ車がいるな」と思い起き上がってみたところ、ずんどこ車はいない模様。再度耳を水中に浸けてみるとやっぱりベースラインが聞こえる。なんだこれは!?あたしの体内ではこんなベースラインが鳴っているのか?なんだか知らんがかっこいい!と思って激しくテンションが上がったのでした。


これなんだろう、みんな異なるベースラインを鳴らしているのだろうか、密かに体内で。楽しいー!風呂場というのはやはり体内の音を聞くにはとてもいい場所で、二の腕の裏辺りに耳をくっつけてみると、耳の近くでロープ振り回されてるような音がするんですよ、これ多分自分の脈の音なんだろうと思います。これみたいなものかと思ってたら、なんとベースラインが!4音くらいで変わっていくんですよ、音階が。その音階がこれまた4回くらい変わった後にまた最初の音に戻るんですよ!ものっすごい単調だけど、明らかにベースラインっぽいんですよ!自分の体の中にね、音楽があったよ。これはちょっとね、意外な上に感動した。なのでね、毎日耳まで浸けた頭浸浴を続けようと思います。


こういう新たな感動をお届けしてくれた頭浸浴ですが、頭皮の血行不良予防はもとより耳回りのリンパの流れをよくしてくれそうな気配を感じるので、普通に体によさそうです。そしてきっと、自分の体の中で流れている音楽が聴けると思います。





きよしよりこっちではないだろうか、ずんどこは。

ヒャッホウ!

2019.06.09.22:42


今もきっとあると思うけど、2chの化粧板にあるコスメの爆買いを報告するスレがあった、そこでは爆買いのことを「ヒャッホウ」と表現するのです。いいですねえ、ヒャッホウ!あたしも土曜日にヒャッホウしてきた!



ヒャッホウのテーマソングと言えば間違いなくこれ


東京事変 - キラーチューン



ヒャッホウの瞬間だけは、懐具合のことなど忘れて楽しむべき!貧しさこそが敵って椎名林檎も言ってる。金銭のことじゃないよ、きっと心持のことよそれは。


まずね、コスメフロアっていうものはテンションが上がる、それってすごいいいこと。さらに、数あるものの中からいろいろ悩んで買っていく楽しさね、これに重ねて消耗品にこんなに金使うのか、マジかと思いつつ買って気分いいっていうもう最高にあがる行為なんですよ。うん、間違いない。


ヒャッホウはヒャッホウなんだけど、結構実用的なものを買ってきてしまった。ゲランでアクアアレゴリアというフレグランスのラインをお試ししたかったのと、春に出たファンデが気になっていたので、まずはゲランに特攻。オーというラインにある、1853年にナポレオン3世の皇后に献上したという「オーインペリアル」なんかもくんくんしてきました。これ、1853年からずっと調香も原料も変えずに作られているそう。1853年から変わらない香りでも古臭さ皆無で、爽やかないい香りでした。


アクア アレゴリア パンプルリューヌ \8,900
▼製品紹介
夜明けとともに、開け放たれた扉。顔を出した太陽が辺りを温かく包みこむ。一面に広がる、柑橘類の果樹園。「パンプルリューヌ」は、センシュアルで弾けるようなエッセンス。陽射しをたっぷり浴びたほろ苦いグレープフルーツを、快活なそよ風が優しくなでていきます。ピュアで洗練されたボトルには、ゲランを象徴するビー ボトルを称えるゴールドのメッシュがあしらわれています。

レソンシエル 00C \7,000
▼製品紹介
つけるほどに、美しく。「レソンシエル」は、ゲランが贈る次世代のラグジュアリー ファンデーションです。
ファンデーションでありながら、天然由来成分97%*を実現。乾燥などによる肌ストレスを考慮したやさしさは、肌本来の機能を呼び覚まし、メイクをするほどに素肌が美しく変わるドラマを生み出しました。肌の呼吸を妨げることのない軽やかな付け心地。それでいて、毛穴や色ムラといった肌悩みをカバーできる高い機能性。自然な輝きを帯びたメイクしたての完璧な肌が、くすまず崩れず、16時間続きます。かつてない心地よさと、使うほどに高まるパーフェクト感。「レソンシエル」は、どちらも妥協することなく、美しい肌を叶えます。
斬新なオリジナルボトルは、「レソンシエル」のコンセプトとなるデュアル性と「&」を反映したもの。世界的に高い評価を得ている仏人デザイナー、マチュー・ルアヌールによるデザインです。

シェードはクール系、ナチュラル系、ウォーム系など、日本人の肌色に合わせた全10色。
【SPF20/PA+++】

レソンシエル ブラシ \6,200
▼製品紹介
「レソンシエル」のデザイナー、マチュー・ルアヌールによる格納式ブラシ。フルイドタイプのファンデーションの、より簡単で美しい仕上がりを実現します。ファンデーションをさっとつけることができ、目のまわりなどの繊細なエリアにもきれいにのばすことができます。筋や塗りむらのない均一なフィニッシュで、まるで素肌のようにナチュラルな仕上がりです。
肌への刺激を抑えたソフトな合成繊維ブラシ。竹の木炭を練り込むことで、常にクリーンな状態を保ちます。携帯に便利な格納可能なパッケージです。

Lait de Beauté クレンジング ミルク \7,000
▼製品紹介
軽やかでみずみずしい、乳液タイプのクレンジング。指先でとろけるテクスチャーが、メイクアップを包み込むようにすっきり落とします。キメが整い、サテンのように艶やか、明るく輝く、なめらかな肌をもたらします。ゲランのクレンジングシリーズのために開発された、こだわりの香り。清らかなホワイトティと、やさしく包み込むようなムスク、そしてほのかに漂うジャスミンが、繊細なハーモニーを奏でます。


これがゲランでのお買い物。BAさんとゲランのMAさんの話で盛り上がったりした。ルパンっぽいんですよね、そのMAさん。
そしてBAさんからいろいろとためになることを教えていただき、あたしの今後の取り組みが一つ決まった。結局ゲランに1時間半くらい居たわ。


さらにゲランだけでは飽き足らずあたしはDiorにも行った。というか、Diorでの買い物は完全にあらかじめ決めていたものだったんで、買い物は5分で完了。


カプチュール ユース アイ トリートメント \9,072
▼製品紹介
カプチュール ユース アイ トリートメントはレチノールに似た効果を持つ、肌をなめらかに整えハリを与える自然由来成分のクリスマムマリチマムエキスを配合。肌密度を高めなめらかにすることで、最大限光を拡散させます。1日中、そして使い続けるほどに、若々しい目元へ。


プレステージ ホワイト ル プロテクター ルミエールuv spf 50+ pa++++ \13,500
▼製品紹介
プレステージ ホワイト ル プロテクター ルミエール UVは、紫外線A・B波をはじめ人工光やブルーライトといった光のダメージから肌をしっかりと守ります。様々な種類の光に順応し、光に反応して肌を明るく輝かせる最新のテクノロジー、ライト アダプト テクノロジーを採用した新感覚のUVプロテクションです。さらに、肌の明るさを高める処方が、理想的に反射させた外からの光と肌内部の光を引き出すことで、影やくすみ、毛穴、シミを明るく飛ばします。清らかで自然な透明感あふれる艶肌を叶えます。いつでも、どこでも、徹底的に守られパーフェクトな明るさに満たされた肌は、まばゆいほど美しく輝きます。理想的に光を反射し、明るさで肌の欠点を飛ばすリキッドライト処方。透明感あふれる明るい艶肌へ。


クレーム アブリコ ネイル クリーム \3,240
▼製品紹介
1963年の発売以来人気のディオール マニキュアのロングセラー アイテム。ナリシング作用と保湿効果を備えた濃密なフォーミュラが爪を強化し、抵抗力を高めます。1ヶ月後、目に見えて健やかなネイルに変化します。


ヒャッホウの思い出として記してみました。


石鹸未使用八か月経過

2019.06.05.22:46


去年の11月から、顔面を石鹸で洗うのをやめている。やってみようと思ったのは、顔面の一部が乾燥してて、なんで顔面のしかも一部が乾燥するのだろうか、顔以外は乾燥することなどないのに…と思った時に気付いた。あたし体洗わないじゃん、ということに。だったら顔も洗わなきゃいいかもじゃん、とにかく試そう!と思い立ち、摩擦との戦いになるかもしれなかったけど、まずクレンジングをビオデルマというミセラーウォーターに変えた。これはメイク落としでもあり、洗顔の代わりにもなる液体。使用時にはコットンを使わざるを得ないため、コットンによる摩擦で肌の刺激になる可能性もあった。この摩擦を回避するためには、限りなくコットンをその液体でひたひたにする必要がある、すなわちその液体を一回で結構使わなければならない=懐が痛いという結果につながる。ビオデルマは250mlで2300円。安くはない。だがしかし、実験欲には勝てず、行ける限りのLoftをめぐり、その時期ちょうど展開されていた「ビオデルマ 500mlで3500円」の限定商品を4つゲット。6月時点で在庫は2つ。


顔面にある一部の乾燥地帯の払拭を目的に、大好きなミルトリプル製法の石鹸を封印し、ビオデルマとともに生活することになった。むしろ4本もあるビオデルマを使わないわけにはいかない。このビオデルマはメイク落としでもありながら洗顔の代わりとして使用できるため、朝も起きたらコットンに浸したビオデルマで顔を拭く。洗顔したらきゅきゅっとなるのが好きな人には地獄かもしれないけど、あたしはあまりそう思わないタイプなので特に違和感はなかった。仕事から帰ってきてもメイク落とし兼洗顔としてビオデルマを使用し、iPadとともに入浴。Netflixでルポールのドラアグレースか囚人もののドキュメンタリーを見ながら、顔はぬるま湯で流す程度で終わり。これを8か月続けたわけです。


結果ね、乾燥は払拭したし顔面の皮膚が強くなった気がする。前にもまして夜にスキンケアしなくてOKになった。昔から夜のスキンケアって思い出した時にしかしなかったけども、顔面が強くなったおかげで、本当にノースキンケアで爆睡。正直ビオデルマ代はベルギーの石鹸+マカデミアナッツオイル代よりかさむけども、効果は絶大だとあたしの強さを増した顔面が言っている。やー、いいよ石鹸なし。そしてさらにもう一ついい効果があった、毛穴が縮小傾向であることだ。あたしはベルギーの石鹸を愛しているので、足の裏とか洗うのには使っているけど、やっぱ石鹸はなしでいいやと本当に心の底から実感した。こういうのは個人差あるからなんとも言えないけど、乾燥肌、脂性肌、混合肌、インナードライ、敏感肌、自称敏感肌、普通肌、一般的によく登場する肌の分類を問わず、あたしは顔面を所謂石鹸的なもので洗わないことを激推ししたい。ガチのマジで。


毛穴の縮小化は何が喜ばしいかというと、社会生活を送る普通の女性としておおかた施さねばらならない朝の儀式である化粧。これのやばいポイントとしてあげられるのが毛穴落ちという現象なのだが、なんだかわかります?毛穴落ち。これはね、毛穴にファンデーションがはまり込んでしまい、毛穴が非常に目立つようになる現象。これに気付く男性は居るのだろうか、たぶんいると思うんだけど、これから暑くなるね、そうすると女子の化粧が雪崩を起こすかの如く崩れるわけなのですが、特に鼻及び鼻の両脇ね。そこが最大の毛穴落ちエリアなのですよ。謎に白い点々が顔面のそのエリアに登場しちゃうんですよ、暑さでメイク崩れてね。それ!それがパーフェクツに起きない!毛穴落ち回避アイテムってのは、世の中の女子が血眼になって名品を探しているのです。そのような製品がなくても、石鹸で顔洗わないだけで回避可能!まぁ、色々血眼になって探すことが楽しいっていうこともあるんだけど、それは暫定策であって根本的な解決策にはなってないのでね、あたしはやっぱ石鹸排除を推す。時間かかるから即効性はないけど、皮膚は育てるものだから、長い目で見るべきだよねと思う。


それで思い出した、こないだDiorに行って調子こいてファンデーション買おうと思ってBAさんと色選びして、選んだファンデでベースを作ってくれるっていうので、BAさんにメイク落としてもらってスキンケアをしてる時に聞いたお話。普段しっかりスキンケアをしてない人は、顔面触っただけでわかるってのと、めっちゃあるあるじゃんと思ったのが、ケアを怠ってる人ほど即効性を求めてくるって話。普段何もしてない人っていうのは、ある時急に自分の肌がえらいことになってるのに気づき、コスメカウンターに駆け込んでくるそうだ。で、一式買ってから一週間くらいでカウンターに来て、「効かない!」と言ってくると。一週間で変わるわけないよねって。
で、Diorとかゲランとかそれ以外のメーカーにもあると思うけど、「一か月ぶっ続けでこれ使いなさいよ、集中ケアなのよ!だけど1セット17万するから!」みたいな商品ってあるんですよ。そういうの勧めちゃえばいいじゃん、とBAさんに言ったら、そういうものを買うのは基本のケアをしっかりしてる人ですから、って。なるほどですねーって思った。継続は力なりなんだよね。そして、その継続出来る人が更なる高みを目指した時、一か月に17万払うと。あたしにできるのは継続は力なりまでだけど、でもそれが底力になると信じてる。


顔面の皮の話をしたけど、色んな事もきっとそうなんだろうな、いきなりなんかやってパーフェクトになることなんてないもんね。毎日少しづつ、積み上げ方式のミルフィーユで強くなるんだわ。そう思ったら毎日が少し楽しくなる気がします。



Aretha Franklin - I say a little prayer





Doggyがなくなっているだと!?

2019.05.26.00:34


姉の職場にいる二十代前半のお兄さんがパブリックエネミーのファンだそうだ。姉はあたし経由でパブリックエネミーを知っていたため、そのお兄さんにパブリックエネミーを知っていることを驚かれたらしい。あたしは姉に悪い意味でパブリックエネミーを印象付けてしまっている。夏休みにあたしがパブリックエネミーをエンドレスで聴いている中、姉は夏風邪で苦しんで寝込んでいた。それをお構いなしにエンドレスエネミーしていたんだけど、中途半端に遠い場所でそれを聴かされていた姉は、彼らの曲の一部が小林亜星の曲ばりに脳にしみついてしまい、さらに苦しんだらしい。それがここ、このなっさけない魂が抜けたような誰かの声のところです。はぁ~ああああ。みたいなやつね。その夏、あたしはこれとビースティーズをエンドレスリピートしていたメモリー。パブリックエネミーといえばやはりこの曲Fight The Power。彼らの2ndに入ってる曲だ。MVはスパイク・リーが撮影だか監督だかなのよ。この頃にありがちな謎の学ラン流行りも取り入れられているわ。MC二人の後ろにいるのは名前忘れたけど、チーム名がある何かなんだよ、忘れちゃったなあ。プロフェッサー・グリフね、赤い帽子被ってる人。そう!S1W!後ろの人たちはS1Wよ!懐かしいいいいい!Security for the 1st worldとかそんなのの略なの!



PUBLIC ENEMY - Fight The Power




Fight The Powerと対になる曲はやっぱりこれね、EMINEMが出してた新譜でジャケ写モロパクリだったビースティーズの1stの超絶ヒット曲ね、違うわモロパクリじゃなくてRespectだねきっとね

Beastie Boys - (You Gotta) Fight For Your Right (To Party)




そんな1987年のメモリーはどうでもよかったんだった、話を戻すと、あたしが英会話で同じクラスになっている二十代中盤のお兄さんは、2PacとSnoop Doggy Doggが好きだと言っていたし、パブリックエネミーも知ってた。彼のおかげで今現在、Snoop Doggy DogはDoggyが抜けてSnoop Doggになっていることを知りました。


古い。これらは80年代中頃から90年代前半に激流行りしたものたちだ。でね、あたし全然知らなかったんだけど、最近の20代は80年代とか90年代の音楽が好きらしいのね。これさ、絶対仕組まれてると思うの。だって最近のドラマとかさ、といってもあたしNetflixとかしか見てないけど、このあたりの時代を扱ったものだったり、BGMがそれ系だったりって多いもん、これ刷り込みじゃないのか?って思ったのですよ。これらのドラマ、視聴者層をどのあたりに設定しているのだろう。あたしらが聴けば、懐かしいぜ!懐メロきたこれ!ってなるけど、20代の人は「やだ、いい曲!」ってなるってことなのかな。英会話同じクラスのお兄さんに、親に訊けばいろいろ情報仕入れられんじゃないの?って聞いてみたら、親は洋楽聞かない人らしく、役に立たないらしい。役に立たないって言い方もすごいなと思いました。


あたし的にはすごくうれしいことだ。まさか20代前半と英会話教室でSnoop Doggy Doggの曲を一緒に歌うことになるとは。ラップ部分じゃなくて後ろのコーラス的なやつだけども。



Snoop Dogg - Who Am I (What's My Name)?




あ、でも致命的な間違いを発見した。ドラマでこういうHipHop系が出てくるの見たことない。あ、あたしの仮説がもろくも崩れ去った…
崩れ去ったけども、うれしいな。ふわっと親父 Puff Daddyも聴いたりするかな。新しすぎるかしら。PEのカバーをしてるし聞いてほしいけど。MVには本物のPEのMC、昨今面白おじさんと化しているらしいFlavor Flavも出ていました。


Puff Daddy - "P.E. 2000"



本家のPublic Enemy No.1
Public Enemy - Public Enemy No. 1 - 1987



Chuck Dやっぱりかっこいい。
で、やっぱこういのも聴くべきだと思うのあたし。みんな大好きDe La SoulとかいっそのことFishboneとか!20代の人!掘れ!



De La Soul - A Roller Skating Jam Named Saturdays



プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる