TVfXQ

2018.02.18.18:10


年度末に向けて大忙し。いいことでもあり悪いことでもあり、めんどくさくもあり、結局はありがたいかもしれない。
そんなにわかにバタバタした日々に、あたしが投入してるアイテムがあるのですよ!実際は12月からだけど!



これ!



casi.jpg



静電気防止ブレスレットっつうか兼ヘアゴム。これでね、ドアノブとか触るときに来る「ぱちっ!」ってやつを排除…するために買ったんじゃないんだー、しかもあたしこれお店にあった在庫3つ、全部買ったもんねー。なぜか、それはなぜなのか。別に星オタではないです。しかもここでポイントになるのは「カシオペア座」なんですねー、でも断じて星オタではない。しかも「カシオペヤ座」って書いてあんね。なんかやだ、ペヤングっぽい。なので「カシオペア座」を採用する、脳内で。



なぜかを説明するために、ちょっと一緒にキーボードを見てください。TVFXQ、このアルファベットを順にみていくと、Wに似たカシオペア座の形を描くと思います。若干無理がある気がしつつも、それっぽくはなる。じゃあこのTVFXQってなあに?ってことですけど、単純に「東方神起」の韓国語読みアルファベット表記の頭文字を取ったもんなんですー!「とんばんしんき」っていうんだよね、現地では。どこにFが入ってくる余地があるのかあたしにはわかんないんだけど、TVfXQ=東方神起で、本人たちだかスタッフがこのキーボードの配列辿りきっかけで、カシオペアは現地での東方神起ファンクラブの名前になってます。星がね…5つで構成されてるしね…カシオペア座は5つで今も輝いているんでしょ?それなのにそれなのにー、と思うには思うけど、二人になっても東方神起のファンクラブはカシオペアのままのようです。



ね、単純に東方神起ですよ。でもねー、これ見つけた時に思わず複数買いするとともに、名古屋嬢にもメールして教えたよー。日本のファンクラブは「Bigeast」ってやつで、カシオペア座とは関係ないし、そんなことないとは思いたいけど「東の方にある国でがっつり儲けるぜ!」っていう意気込みも若干感じるけど。でもこれ、カシオペア座。やっぱテンション上がるじゃん、なにこの東方神起アイテム、しかも誰にもバレないうえに静電気まで抑止するなんて最高じゃないですか!って、これ見て光の速さでそう思ったもん、思わざるを得ない。



これねー、手首にくっつけてるんだけど、時々リアルに髪の毛くくったりもするんだけど、静電気はねー、防止しないねー。そんなことよりこれに関してちょっと感謝してることがあるんだよね。これを買って身に着け始めたころに、あたしとんでもなく恐ろしいお客さんに、なぜかあたしとは全然関係ない、間接的にしか関係ないことを説明しろって呼び出されたの。なんかメールでキレたりしてるのよ、そのおじさん。そんでそのメールにCCでしか入ってないあたしに状況説明を求めてきたのよ、Why?ですよ。「うぇー?(東方神起の曲名だよ)」ですよマジに。で、なんであたしが!と思いつつ、それの説明しにお客さんのとこに行きました。すんげえ怒鳴られる覚悟で行きましたよ、メールでキレてるしさあ。デフォルトで怖いおじさんだって知ってるしさあ、おじさんの立場だったらキレても仕方ない事件が起きてるしさあ。わかるけどそれあたしが説明しなきゃだめなわけー?とか思いながらね。



お客さんの会社の近くの駐車場に車止めて、なぜかあたしは思ったのです。「大丈夫、カシオペア座ANTI SHOCKしてるから大丈夫!おじさんに怒られても、チャンミンがかっこいいから大丈夫!」って。すんげえ意味ないのはわかってんだけど、このね、全く何の根拠もない「大丈夫感」ていうの?これ超大事ね。あたしそう思ったらほんとに大丈夫になったんだよ。そんで、全く関係ない事象について知り得る事実をどう言えばうまく伝わるのかを考えつつ、てけてけ歩いておじさんのところに向かっていったの。結論から言うと、おじさんは全く怒ってなくて、寧ろ「あなた可哀想ね、がんばって」くらいのことを言われた。もう意味わかんなくて「ポカーン」なんだけども、あたしが知ってることをおじさんは知らなかったので、問題が起きてる部分の運用方法だの想定できる解決案だの、それを実施する際の事前確認点だのを伝えて速攻で帰ってこれた。お客さんの会社から自分の会社に向かうまでの車中、東方神起が全開で流れたことは言うまでもない。



この事象で思ったけど、神様とかはやばいと思うんだけど、全く関係ないものに何の根拠もない信仰をするとかっていいね、精神衛生上。だってさ、信仰の理由が「チャンミンかっこいい」なんだよ?なんだそれはって感じだよね。これ思ったんだけど、仮にあたしがおじさんに激烈に怒られたとしてもさ、「怒られた、でもチャンミンかっこいいし平気!」ってなると思うんだよね。結果はどうあれ、「チャンミンかっこいい」っていう軸はブレないわけだよね。これ、相手が神様だとさ、「神が与えた試練です」とかM属性開花させる人がいるかと思うと、神に逆ギレする人とか出てくるじゃん、海外ドラマの殺人の動機とかでもありそうじゃん、「神は祈っても何もしてくれない、だからやった、反省する気はない」みたいなやつー。チャンミン相手にそれはないわけだけど、「チャンミンがかっこよくて今日も地球が平和」みたいなさ、特にチャンミンに何かを期待することはないっていうかね。いいねー、チャンミン。



ということで、実は今日はそんなチャンミンさんの30歳のお誕生日なんですよ!今月はユノさんも誕生日だったし、世界中の東方神起ファンがきゃーきゃー言ってると思いますよ。




あれ…このチャンミンあんまりかっこよくないな。(↓東方神起公式インスタ画像)鼻の下の短さがやたらに強調されてるじゃないか、あれ…え…チャンミンさーん…

20180218.jpg




いや、鼻の下の短さが強調されてキモカワの領域に突入した、ということですね!かっこいいから乖離した!だが問題ない、それはチャンミンがチャンミンだから。チャンミンであれば全て無問題。




誕生日記念に、HugのMV見よう。チャンミンかわいいぞー!つうかそれ以外のメンバーもみんなかわいいー。








チャンミンさん、かっこよくなったよね、ここから比べるとさ。あたし的に男子は30台でもう一段階かっこよくなると思ってるので、今年のチャンミンもきっとかっこさが増すと思います!おめでとうチャンミンさん!









早く新譜出ないかなーーーー!


スポンサーサイト

It's A Mystery

2018.01.22.22:36


何かちょっとしたことがわからないと、ごりごりと調べ始める人っているけど、あれはあたし的にはもったいないと思うんだよね。MOTTAINAI。



例えば、あたし的に謎なのが「コックニー訛り」ってやつ。これ、小さい時に読んだシャーロックホームズの本にすごい出てくる。そして、そのコックニー訛りの翻訳は「だんな、わしはそんなことしてねぇずら」的な、そんなような言い方で書かれている。これ。ほんとにそんなんなのか?っていう謎。これを正しく検証するにはあたしが生粋のイギリス人になるしかないわけで、一生自然に解けることがない謎。謎っていうか、体感できないことというのかな。



あたしはけっこう、こういう、解けなくても人生に何の影響もない謎を反芻するのが好きなんですよ。だからあえて調べずに延々と仮説を立てる。仮説遊びに興じる楽しさ。さらに、その仮説遊びをしてる最中、自分的にはものすごい発見に繋がったり、その謎とは関係ないことで得た知識から新たな仮説が出来上がったり、逆にものすごくシンプルなものに行きついて、「やっぱ物事って難しく考えない方がいい時もあるよ」等と感慨深くなったりする。そういう遊び。



なんでもすぐ調べてドヤってしまうと、そういう日々の小さな楽しみが失われちゃうから、あたし的にはもったいない。安易に謎を解くのはもったいない。とはいえ、解きたい謎とか知りたいことはあります。ミステリー or サスペンスものの犯人とかね。スプラッタ系を含めてあたしそういう系のドラマや映画はよく見ます。



屋外で頭にくっついてきた雪が屋内に入ったら解けて、自分の顔に水滴となって垂れてきただけでビビるような人間であるにも関わらず、怖いやつ見る。その理由は、なんだかんだ言って一番怖いのは人間だよね、そういう事例に学んでおこうと思うからです。まぁ、役に立ってるかは置いといて、「うわぁ、こんなことする人いんの、気を付けようー」と思い、自分の脳内のヤバいものリストに追加している感じです。FBI心理捜査官系の本読むとかね。ああ、こええ、どうやったらこういう人に出会わないで済むんだろうって思ったりね。昨今、女子がマフラー結んだ先っぽのところを首の後ろに回してる状態をよく見ることがありますが、あれ見ると不安になるわ、いつ何時、変な人がその先っぽ両手で絞め上げてくるかわかんないじゃんよ、こわいよと。考えすぎかもしれないけど無きにしも非ずだと思うんだよね。



小さい頃に見たせいもあるけど、怖いのは「It」と「シャイニング」と「ビデオドローム」かなあ。ビデオドロームは一切話が分からなかったけど、腹からビデオテープとか出てきた気がする。しかも字幕なしのオール現地語で見たため倍付でわからなかった。腹からビデオ出す主人公っぽいおじさんが、女の人の耳たぶに針貫通させてて、長女に「あのおじさんはひどい」と意見したら、「あんなのピアスの穴に針刺してるだけだから何一つひどいことはない」と教えられた。あたしがあの映画について覚えてるのは、腹からビデオと耳に針でひどいということだけなんだけど、あの映画のなんとも言えない不気味な雰囲気が記憶に残っていて、思い出すと気分がどよーんとする。「It」はマジで怖かった。あの映画は確実にピエロ恐怖症の増加に一役買ったよね。ItのItで唯一うらやましいのは、あのItのピエロの歯が鮫システムを採用してるっぽいことぐらいだ。それ以外の要素は全て怖い。あれ見たせいなのか、マックのドナルドも怖くなったもんね。最近、おしゃれマック化が著しいので、ドナルドが意味不明にベンチに腰掛けてる像があるような店舗無くなりましたね。



大幅に話がずれていきましたが、どうでもいい謎はなくなると勿体ないけど、わからないとすっきりしないものってあるな、ということをNetflixで「オープンハウスへようこそ」を見て思ったのでした。



It's A Mystery - Average White Band




Under Pressure

2018.01.02.22:22


うちには二匹猫がいます。この猫は子猫の頃にうちの庭で遊んでいて、あまりに小さいためカラスに食われるんじゃないかという事で保護したメス二匹です。


去年の10月、ここにさらに一匹加わっていました。名前は「ちっちゃいちゃん」です。当時の見た目そのままで命名していますが、この猫はなかなかの演技派だったのです。


うちの庭には、既に運び屋疑惑のある黒いメス猫が時々やって来ます。ちっちゃいちゃんは、明らかにこの黒猫の子供なのですが、実は運び屋疑惑のあるこの黒猫、最初に保護した二匹のお母さんでもあるのです。すなわち、ちっちゃいちゃんは、既にうちの猫である「もふもふちゃん」と「しろくろちゃん」の兄弟なのです。そして保護直後はわかりませんでしたが、ちっちゃいちゃんはオスでした。



このちっちゃいちゃんは、8月中旬ごろより我が家の庭に母猫と連れ立ってやってくるようになりました。思えば、母猫は既に「うちの子をまた宜しく」という気持ちがあったかもしれません。それにもまして、ちっちゃいちゃんの小さな体から発せられる鳴き声が、とにかく尋常ではなかったのです。毎朝4時半頃に、うちの庭でとんでもない声量で鳴くんですよ。餌をよこせと鳴くんです。ちょうどあたしの起床時間と一致してるので、起きるとちっちゃいちゃんが爆音で鳴いているのです。あまりにデカい声であるため、近所迷惑になるといけないので餌をあげていました。母猫はちっちゃいちゃんの食べ散らかした余りをぽそぽそ食べていなくなるんですが、ちっちゃいちゃんはなぜかうちの庭に常駐。どうも夜はお迎えが来て、母猫と一緒にどっか言ってたようなのですが、昼間は延々と庭にいる。



既に猫二匹引き取ってますし、これ以上増えたらいかん=餌を与えてはならない、という事になり、強烈な鳴き声を無視してみたところ、なんとちっちゃいちゃんはこれ見よがしに庭の中央でばったりと倒れるという、普通の人間であれば「看過できません!」という状態にならざるを得ないようなアクションを取ったのです。そのままちっちゃいちゃんを保護することになりました。



保護したのは10月の頭らへんのことなので、既に2か月はうちにいるのですが、全く家族になつかないんですよー。唯一ちっちゃいちゃんをこねくり回せるのはあたしだけなので、家族から「猫使い」と呼ばれるようになりました。ちっちゃいちゃんはよく鳴く、というか喋る猫で、それにつられて既存の二匹もよく喋るようになりました。また、ちっちゃいちゃんは人間は怖いらしいのですが、威嚇しまくる既存猫二匹に空気を読まずにさんざん絡みまくり、すっかり仲良しになりました。



うちに来たばかりの頃は確かにちっさかったのですが、今はうちで一番大きい猫になってしまいました。


撫でてもらうために撫でられる位置に上ってきたちっちゃいちゃん
この位置に来ると撫でてもらえることを知っているのです。
chiccyai.jpg


chiccyai2.jpg



本当はもう「ちっちゃくないちゃん」なのですが、名前呼ぶとちゃんとこっちを見てくれるので、理解できているみたいです。そしてちっちゃいちゃんは、本当は触ってもらうのが大好きなのですが、まだ他の人は怖いようで触ろうとするとケージに逃げ込んでしまうのです。今年はこの内気ぶりをなんとか取り除いてもらって、家族全員に撫でてもらえるようになるといいなと思っています。家族には、ちっちゃいちゃんが人間慣れするようにお前がなんとかしろ的な事を言われているので、とりあえず毎日撫でてます。




Queen - Under pressure





これを聴いたらついでにこれも聴こう懐メロ



Vanilla Ice - Ice Ice Baby




Anotherloverholenyohead

2018.01.01.20:10


あけましておめでとうございます!2018年の一発目の日、あたしは計画通りの場所に行ってきました。



寺!!!!


元旦なんだから、ひなびた田舎の寺にも若干名の人は居るはず=怖くて通れない鳥居も通れるんじゃないかという希望的観測に基づき、うちの近所の寺に行ってきました。そして行ったら分かったけど、そこは寒川神社の支社的なものでした。



道すがら、犬のお散歩中のおじさんや、リアルにお参りしている人数名とすれ違い、ああ、これで怖くて行けなかった本堂までたどり着ける予感…と胸をなでおろすも、やはり鳥居の両脇にいるこまいぬが怖くて鳥居を猛ダッシュで抜ける。




振り返りざま鳥居ショット

T1.jpg




やった、こまいぬを視界に入れずに通り過ぎた!と喜んでいたら、鳥居ハックするのを忘れてて、若干戻ってハック。
この鳥居もポータルになっています。



そしていざ寺本体!




T2.jpg






Oh!!まさかのこまいぬ再出現。こまいぬのダブルプロテクション。守られぶりが半端ないなこの寺…!前に行った、畑のど真ん中にある神社、あそこはこまいぬワンセットしかなかったんだけどなあ。うちのお姉ちゃんが言ってたけど、その畑んとこにある神社は西暦800年とか3桁台の頃からある神社で、歴史愛好家的には有名な神社だそうだ。だからそんな寺一人で行ったら怖くてもおかしくないと言われた。夏目友人帳の世界か。うちお姉ちゃんは歴史好き、しかも3桁台の頃が一番好きらしく、それ系の大学に行ったんだけど、この寺については中世専門の教授も知ってたらしい。うちのお姉ちゃんの出身地、すなわちうちんちの地名を聞いて、速攻この寺の話をし始めたそうだ。歴史マニア的にはなんかすごいとこなんすね。あたし的にはひたすらほらぶるプレイスであったという記憶しかないが。



それは置いといて、今日行った寺のもうワンセットのこまいぬは怖くないパターン

T3.jpg



しかし真横に立つほどの勇気はなくズームで激写。やはり何かを踏んづけている…あれか、こまいぬはおすぎとピーコ的なあれなのか、双子で踏んづけ気味の。等という事が思いつける余裕を持てた、このこまいぬに対しては。



今まで取れなかった本堂のキーを取り、さらにポータルを強化。鳥居の強化を忘れてたので、もう一回鳥居近くまで戻って強化実施。そしてストーカーのように背後から怖い方のこまいぬをズーム撮影。前から見る勇気はないのです。こっちのこまいぬは怖いのです。




T4.jpg



ちょっとこれ、苔むし過ぎ。そんで怖くないほうのこまいぬと明らかに違うでしょ、デザイン。何か踏んづけてはいるけど、髪型!ゼンマイ的な巻き毛が怖い方のこまいぬの方が盛り上がってない、怖いこまいぬの方がまさかのボリュームダウンヘア、ねこっけの疑いを持たざるを得ない。怖くないほうは剛毛タイプですね。ということは、作者または制作業者が異なるよね。やっぱりこのダブルプロテクション化までには時差があったということだよね。絶対こっちのほうが先にいたと思うわ。そんで怖いわ。基本悪者はきっと鳥居から入ってくるから、怖い兄さん達を外の方に置いてるんじゃないかとあたしは推測する。そして改めてこのポータルを真っ暗になってから奪還した緑の戦士に対するリスペクトが爆上がる。




寺に悪者と言えばこの曲



Prince - Thieves In The Temple





これはプリンスの三作目の映画のサントラに入ってる曲だ。だからMVの冒頭にモーリス・デイが出てる、映画やるったらThe Timeを引っ張り出すからね。
プリンスのMVってほんとにyoutubeに上がってるものがなかったんだけど、なにやら素敵なプリンスチャンネルが出来上がってるみたいです。



Prince - Anotherloverholenyohead




大好きな「Anotherloverholenyohead」
これも2作目の映画のサントラに入ってる曲だ。Paradeってアルバム。
よくこんな歌詞思いつくよね。あたし的にはプリンスの一番好きな曲は「Housequake」っていう、Sign o' the Timesっていう二枚組のアルバムに入ってるやつ。残念ながらこれはこのプリンスチャンネルにもyoutubeにもないみたいだ。
そしてこの曲を探していて分かったのは、シーラEがこの曲をよくライブでやっているらしいという事だった。さらに謎の幼女がダンスの発表会か何かでこの曲で踊ってる動画があったけど、何を思ったかピッチ上げててちょっと違うんだよね。いずれにしてもいい曲です。「しゃだっぷおーれでぃ、でぇぁーん!(Shut up already, Damn!!)」っていう言葉が何度も出てくる。どっかにまともなのないのかなあ。




Prince - Uptown




こんな昔の素敵ソングのMVまである!



ということで、2018年一発目のこまいぬ激写とプリンスの曲がyoutubeにあるよ!というお話でした。
今年も全ての生き物にとって、楽しく素晴しい年になりますように!




Prince - Partyman






I've Been Trying

2017.12.30.18:59


今年も終わりそうです。実際、昨日と今日と明日の境なんてなく淡々と繋がっていて、それを人が定義した単位で区切っているだけであって、地球レベルで考えればそんなものは無いに等しいとも考えられる。そう、時間なんて概念はないんだ、人間が思うところの日常生活を規律正しく行うための指針でしょ、今の連続が振り返ったら過去と呼ばれるものになる。呼ばれてるだけであって、それは事実じゃないかもしれないね。そう考えると、事実というのも何かの定義に当てはまってるか否かで決まる場合もあるということに気付くね。そしてこんなことは果てしなくどうでもいいんだけど、こういうことを考え出すと面白い。




日常生活では「あんたそんな時間、普通は人は寝るのよ」という時間帯。そんな時間にも関わらず、うちの近所はまたもやぺんぺん草も生えないレベルで青に焼かれてしまったのです。そういった青AGは、時間の概念とかけ離れたところにお住まいなんだと思うのです。しかもその人、次の日の夕方までログが途切れないという強靭な肉体と精神と爆弾をお持ちのご様子。最近見ないなーと思ってたら、弾貯めてやがったなこのおっさん、っていう感じですね。




ぺんぺん草も生えてない悲しさを表す曲

DJ Shadow - I've Been Trying





またあのこまいぬがいる怖い寺にいかないといけないんだ…と絶望していたら、あたしが家に帰るまでの間に、隣の市をメインに活動している緑の戦士達がやってきてくれて、ほぼ全てのポータルが奪還されていました。でも、夜の20時過ぎとかに奪還してくれてるんだよね、あたし恐ろしくて絶対いけないわ、そんな時間にあんな場所。車でも無理だな。(車で行けることはあとでわかりましたが、道はめっちゃ狭い)
奪還は完了したとはいえ、CFがまだ作り切れていないので、今日お出かけついでにリンク貼れるところは貼ってこようと思っています。意外に近所のキーって持っていないので、ついでといいつつ同じ場所をくるくる回らないといけないこと受け合い。本当にチャリ買おうかと思った。いっそのことバイクでもいいかもしれない。これを機に中免とるとかもいいかもしんない。でもな、それだと音楽聴けないからなあ…



Mix Master Mike Greatest Opening





こういう昔のDJ(今もいるけど)のこういう自由なDJプレイって、Ingressやってるときにほんといい。やる気出るの無性に。
Mix Master MikeはMoney Markと同様、4人目のBeastiesの人。(どっちが5人目になるのかわかんないです)
なんか、DJやってる姿を見てると、焼き加減を高速でチェックしてるピザ屋のおじさんみたいなんだけども、DJのなんかの大会で殿堂入りしてるすごい人なんだよ。上の動画も、Beastiesが出てくる前のOpeningでやってるプレイみたいだ。ああ、もう3人のBeastiesを見る日は二度とないんだなあ。




今日はこれを聴きながら行こうかな。MCAが居なくなってもMCAの声使うMix Master Mikeの素敵ぶり炸裂。









ご近所のCF作りとおでかけが完了しました。お出かけ先の寺ポータルにいたこまいぬ

koma1.jpg



あまり怖くないこまいぬ。こまいぬの恐ろしさは、苔むしっぷりと明らかにすごい昔から居るだろ、このデザイン&フォルムは、というところが恐怖ポイントであると気付きました。そしてよく見るとこのこまいぬは、ミニこまいぬのような、手の込んだ和菓子のデザインのような顔をした物体をめっちゃ押さえつけてますね。なんだろこれ。こまいぬからの「悪い子は俺がこうしちゃうんだからね!」的なアピールであろうか。それにしてもこまいぬもこの寺も怖くなかった。樹木には一切おおわれていない町中にある寺です。こういうのなら怖くないのに。むしろこのこまいぬより、この写真を撮ってた時にあたしの後ろを通った人にビビりまくった。本当にその人は実在する人だったのでしょうか…などと自分をさらに怖がらせるようなことを考えてしまい、逃げるように寺を去りました。それにしても今この写真見ると、こまいぬやっぱ毛が巻き過ぎっていうか、頭からゼンマイ生やしてるみたい。なんかだんだんこまいぬに興味出てきた。今度から寺に行って怖くなかったらこまいぬを激写してみようと思います。



Siriに素敵な音楽を教えてもらおうとしたら、飲食を勧められた図
siri.jpg



遠い上に、なぜだかステーキばっか。だじゃれなのかー。ステーキって素敵っていうことねきっと。
しかしいつになったらもっと賢くなるんだろうSiri。



プロフィール

Brume

Author:Brume
日々迷走中な神奈川県民兼社会人。
迷走の最中、思いついたこと・思い出したこと・感じたことを記録しておく備忘録ブログです。音楽を愛でつつも、東方神起とIngressの話ばっかになりつつあります。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる